HOMECSR組織統治>VOICE

組織統治

VOICE

ガバナンスには判断・行動のスピードが求められます

執行役員 法務知財部長
内部統制推進部担当
チーフ・コンプライアンス・
オフィサー
岡武 弘己

 「コーポレート・ガバナンス」は、株主と会社との関係と言われますが、より広く捉えれば、企業価値の増大に向け、組織として適正に機能させると同時に、収益力の向上を図るための仕組み全体を意味します。近年、コーポレート・ガバナンスにおいては、ESG(環境・社会・ガバナンス)への積極的な取組みとともに、効率的経営などを通じた「稼ぐ力」の強化が求められています。
 当社においては、健康経営の推進等のCSR面の取組みの深化とともに、コード・オブ・コンダクトの制定など、事業のグローバル化に合わせたグループ・ガバナンス体制の充実に努めています。ガバナンス体制を有効に機能させるためには、経営方針や経営計画を、各部門の目標において具体化し、これを従業員各人の目標につなげるとともに、上からと下からの意思疎通・連絡を迅速に行い、スピード感をもって「ものごと」を決定し、実行していくことがポイントになります。
 当社は、コーポレート・ガバナンスの実効性をさらに高めることで、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。

CSR

CSR活動報告
2017

CSR活動報告2017

PDF版ダウンロード

コーポレート
レポート
2017

コーポレートレポート2017

PDF版ダウンロード
Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ