HOMECSR人権>VOICE

組織統治

VOICE

バリューチェーンへの積極的な視野を活かした人権デューディリジェンスの推進を

大阪経済法科大学国際学部
准教授
菅原 絵美

 田辺三菱製薬グループでは、グローバル化する自社の事業活動が影響を与える人権課題として、自社グループの従業員に留まらず、バリューチェーンにわたるステークホルダー全体を積極的に射程にとらえています。この積極的な視野を活かした、さらなる人権デューディリジェンスの推進を期待しています。具体的には、自社の人権方針である「人権に対する基本的な考え方」にこの射程を反映してください。「考え方」では国際的な人権基準を尊重するグループの姿勢を明確にされています。この姿勢が、労働者の権利のみならず、たとえば臨床における患者などバリューチェーン上のステークホルダーにひろがっていることを明示されてはどうでしょうか。そして、この「考え方」のもと、自社の事業における人権リスクの全体像を確認し、優先度(マテリアリティ)に従い課題に取り組まれることをお勧めします。また、情報開示は人権尊重責任の要です。取り組みの進捗について経年変化が見えるような目標の設定やデータを含めた取組みの成果、今後の課題の提示に期待しています。

CSR

CSR活動報告
2017

CSR活動報告2017

PDF版ダウンロード

コーポレート
レポート
2017

コーポレートレポート2017

PDF版ダウンロード
Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ