HOMECSR>トップメッセージ

トップメッセージ

 現在、医薬品業界を取り巻く環境は急速に変化しています。田辺三菱製薬は、全てのステークホルダーの皆さんから信頼され、必要とされる企業であり続けるために、「独自の価値を一番乗りでお届けする、スピード感のある企業」をめざし、独創性・先見性に溢れた医薬品の創製を行い、患者さん、そして医療の未来を切り拓いてまいります。さらに、高齢化の進展、人口増加による貧困や格差の拡大、地球規模での環境問題など、私たちが直面している社会課題の解決に貢献すべく、CSR活動を推進しています。
 具体的には、2013年に制定した「田辺三菱製薬グループ企業市民活動宣言」のもと、事業活動を展開する国や地域において、健康や環境にかかわる課題を解決するための活動を積極的に行っているほか、環境安全活動の原理原則として定めた「環境安全ポリシー」に基づき、事業活動における環境負荷の低減を図っています。
 また、近年、政府主導により「働き方改革」の動きが活発になっていますが、当社は、多様な人材が活躍できる職場環境の整備や、従業員のワークスタイルの変革、健康増進のための活動を継続的に行ってきました。これらの取り組みは外部からも評価されており、経済産業省が優良な健康経営を実践する企業を顕彰するために創設した「健康経営優良法人ホワイト500」や女性活躍推進法に基づく「えるぼし」等に認定されています。

 数多くの社会課題の中でも、当社が担う最も大きな使命は「医療に貢献する」ことであると考えています。2017年8月には、米国において、ALS(筋萎縮性側索硬化症)治療薬として約20年ぶりの新薬となる「ラジカヴァ」の販売を開始しました。本剤の発売を待ち望んでいた一人でも多くの患者さんの治療に役立てていただくために、医薬品の提供だけでなく、医薬品のアクセシビリティをサポートする様々な取り組みを行っていきます。

 これからも、田辺三菱製薬グループは、「医薬品の創製を通じて、世界の人びとの健康に貢献します」という企業理念のもと、「国際創薬企業として、社会から信頼される企業になります」という、『めざす姿』の実現に向けて取り組んでいきます。

田辺三菱製薬株式会社
代表取締役社長

CSR

CSR活動報告
2017

CSR活動報告2017

PDF版ダウンロード

コーポレート
レポート
2017

コーポレートレポート2017

PDF版ダウンロード
Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ