HOME患者さん・ご家族の皆さま>睡眠障害

病気のお話 睡眠障害

監修 日本大学医学部精神医学講座 主任教授 内山真先生

睡眠障害の基礎知識

日本においては約5人に1人が、睡眠の問題で悩んでいるとされています。睡眠障害には、「不眠症」や「過眠症」をはじめ、さまざまなタイプがあります。

不眠症とは

夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため日中の眠気、注意力の散漫、疲れや種々の体調不良が起こる状態を指します。日本においては約5人に1人が、このような不眠の症状で悩んでいるとされています。また、男性よりも女性に多いといわれています。

不眠症のタイプ
入眠困難
床についてもなかなか(30分〜1時間以上)眠りにつけない。
中途覚醒
いったん眠りについても、翌朝起床するまでの間、夜中に何度も目が覚める。
早朝覚醒
希望する時刻、あるいは通常の2時間以上前に目が覚め、その後眠れない。
熟眠障害
眠りが浅く、睡眠時間のわりに熟睡した感じが得られない。

なお、これらの症状は同時に複数現れることがあります。

不眠症を引き起こす主な要因
環境要因
時差がある場所、枕が変わる、また暑さや騒音、明るさなどの影響など
身体要因
年齢、性差、頻尿、痛み、かゆみなど
心の要因
悩みやイライラ、極度の緊張からの精神的ストレス、睡眠に対するこだわりなど
生活習慣要因
寝床の中ですごす時間が長すぎる、アルコール、ニコチン、カフェインの摂取、薬の副作用、運動不足など

過眠症とは

夜眠っているにもかかわらず日中に強い眠気が生じ、起きているのが困難になる状態を指します。

過眠を示す主な疾患
「ナルコレプシー」
日中の耐え難い眠気と居眠りが繰り返し生じる。
居眠りは長くても30分以内と短く、目覚めたあとは一時的にすっきりする。
笑ったり怒ったりすると、突然体の力が入らなくなり、ひどいときにはへたり込んでしまう。
寝入りばなに金縛りにあったり、現実と区別がつかないような夢を体験したりする。
「特発性過眠症」
昼間の眠気と居眠りを主症状とする。
居眠りは、1時間以上続き、目覚め後はすっきりと覚醒できずに眠気が持続し、リフレッシュ感が乏しい場合が多い。
夜間睡眠が10時間以上と著しく長い場合がある。
「反復性過眠症」
強い眠気を呈する時期(傾眠期)が3日から3週間持続し、自然に回復してまったく症状がなくなるが、その後、不定の間隔で傾眠期が繰り返し出現する。
過眠症の原因
以下の2つが想定されています。
脳内の覚醒維持機能の低下
何らかの原因で夜間の睡眠障害があるため

スイミン.netのご紹介

田辺三菱製薬株式会社と吉富薬品株式会社が運営する睡眠関連情報専門サイト「Suimin.net(スイミンネット)」では、睡眠に関するお悩みがある方、睡眠障害を抱える方に向けて、睡眠についての情報提供と、治療への「きっかけ」作りのお手伝いをします。

あなたの不眠はどのタイプ?

一口に睡眠障害と言っても、「不眠症」「過眠症」「概日リズム睡眠障害」「睡眠呼吸障害」と様々。簡単なテストであなたの不眠のタイプを診断します。

ドクターからのメッセージ

睡眠医療の専門家からの睡眠や不眠、睡眠薬に関するメッセージをご覧いただけます。一部、動画による先生の生の声でも聞くことができます。

睡眠薬について

「睡眠薬はどれでも一緒?」「他人からもらってもいいの?」「睡眠薬の副作用って?」そんな疑問にお答えするコーナーです。

相談クリニック検索

不眠治療の相談を受け付けている全国の医療機関を検索できます。

睡眠関連情報専門サイト Suimin.net(スイミンネット)

患者さん・ご家族の皆さま
病気のお話
  • 関節リウマチ
  • クローン病
  • 乾癬
  • 脳梗塞
  • 閉塞性動脈硬化
  • 肝・胆道系疾患
  • 逆流性食道炎・非びらん性胃食道逆流症
  • アレルギー性鼻炎・花粉症
  • 睡眠障害
  • おしりの病気
症状別情報