HOME患者さん・ご家族の皆さま>目のかわき

症状別情報 目のかわき

涙が目を守っています。

仕事で一日中パソコンのモニターを見続けたり、冷暖房で空気が乾燥した部屋に長時間いると、涙の量が減ってドライアイと呼ばれる状態となります。
特にコンタクトレンズを装用していると、
涙は蒸発しやすくなります。
涙は眼にとって潤滑油的な役割をはじめ、「眼表面の乾燥を防ぐ」「光学的に平滑な表面を維持する」「感染を防御する」「酸素を供給する」「創傷治癒を補助する」といった様々な重要な機能を担っています。
ドライアイは、目が乾くだけでなく、異物感を感じる、充血する、視力障害を引き起こす、さらに眼精疲労から頭痛や肩こりといった症状を引き起こしてしまいます。
ドライアイを防ぐには、原因となる生活環境を改善することが一番ですが、涙液タイプの目薬で涙の補充をこまめに行なうことも有効です。

アスパラ目薬モイストCL

目のかわき、目の疲れに。

モイスチャー成分のヒプロメロースがコンタクトレンズを覆い、涙の蒸発を防ぎ、瞳の潤いを保ちます。

製品紹介

関連リンク


患者さん・ご家族の皆さま
病気のお話
症状別情報
  • 疲れ
  • 腰痛・肩こり
  • 湿疹・皮膚炎
  • 胃もたれ
  • 目のかわき
  • 鼻炎