HOMEニュースリリース

ニュースリリース

田辺三菱製薬株式会社 発足のお知らせ(2007年10月1日発表)

 田辺製薬株式会社と三菱ウェルファーマ株式会社は本日合併し、田辺三菱製薬株式会社が発足しましたのでお知らせいたします。
 田辺三菱製薬株式会社は、グローバル新薬創製のための研究開発に取り組むとともに、合併により強化される経営基盤を活用して海外事業展開を加速し、未来を担う国際創薬企業としての地位を早期に確立します。また、医療の変化に対応するためジェネリック医薬品事業や個別化医療など、新たな事業機会にも積極的に挑戦し、世界の人々の健康に貢献するとともに、企業価値最大化のための活動を持続的に展開してまいります。

1.田辺三菱製薬株式会社の概要

  商号 田辺三菱製薬株式会社
(Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation)
  本社 大阪市中央区道修町3-2-10
  資本金 500億円
  代表者 代表取締役社長:葉山 夏樹
代表取締役副社長執行役員:小峰 健嗣
  事業内容 医療用医薬品、OTC医薬品、診断薬及び化成品、医薬品原末等の製造・販売及び輸出入

2.ホームページアドレス

   http://www.mt-pharma.co.jp

3.2010年度経営目標

  売上高 4,800億円
  シナジー効果 270億円
  営業利益(のれん償却前) 1,100億円
  のれん償却費 100億円
  営業利益 1,000億円

4. 基本戦略

(1) 国際創薬企業の地位の早期確立
合併により強化される創薬力と経営基盤を活用して、海外事業展開を加速します。
「糖・脂質代謝疾患」「脳神経疾患」「腎・泌尿器疾患」を重点疾患領域に設定し、両社の強みであるテーマ発掘力及び最適化能力を融合、さらなる強化を進め、世界に通用する新薬の継続的創出をめざします。
腎領域を核として、欧米において高リン血症治療薬「コレバイン」、慢性腎臓病薬「MP-146」の第III相臨床試験を積極的に推進するなど、グローバル開発を早期に実行します。

(2) 国内市場でのプレゼンス向上
国内トップクラスとなる営業力により、プレゼンスの向上を実現します。
これまでに培ってきた免疫(「レミケード」)及び脳疾患(「ラジカット」等)の戦略領域をより一層強化し、差異化された領域で最も信頼される満足度の高い情報提供活動を行い、免疫・脳疾患でのリーディングカンパニーとしてのポジションを確立します。
抗血小板剤「アンプラーグ」、抗アレルギー剤「タリオン」、肝・胆・消化機能改善剤「ウルソ」、高血圧症治療剤「タナトリル」の重点4製品に営業資源を集中し、シナジー効果の最大化を図ります。

(3) 特色ある製薬企業をめざす
医療の変化に対応し、ジェネリック医薬品事業への参入や個別化医療への取り組みなど、新たな事業機会にも積極的に挑戦します。
新たに参入するジェネリック医薬品事業では、当社がもつ信頼性保証・研究開発・製造・流通の各基盤をフルに活用し、高品質で充実した製品ラインナップとその安定供給を実現し、患者さん及び医療関係者が安心して使用できるリライアブルジェネリックを提供します。
三菱ケミカルホールディングスグループのヘルスケア各社との連携により、マスメディスンに対応した従来型の医療のみならず、患者さん個々の病態にフォーカスしたターゲッテドメディスン、いわゆる個別化医療にも積極的に取り組みます。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ