HOMEニュースリリース

ニュースリリース

「特定C型肝炎感染被害者救済法(略称)」に基づく給付金支給等業務
に要する費用に係る当社負担の基準の告示について(2009年4月10日発表)

 当社は、2008年1月16日付で公布・施行された「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法」に基づき、当該給付金支給等業務に要する費用負担の方法および負担割合について、同特別措置法第16条(厚生労働大臣と製造業者等との協議)の規定により、厚生労働大臣との間で協議を進めてまいりました。
 今般、協議が調い、本日、厚生労働大臣より当社費用負担に関する基準が、下記の通り告示(厚生労働省告示第260号)されましたので、お知らせいたします。


 なお、当社及び当社子会社である株式会社ベネシス(以下、「当社等」という)は、当社前身会社の一つである旧ミドリ十字が製造販売したフィブリノゲン製剤または血液凝固第IX因子製剤クリスマシン等の投与により、HCV(C型肝炎ウイルス)に感染したとする方々より、2002年10月21日以降、損害賠償請求訴訟の提起を受けておりましたが、2008年9月28日、全国原告団との間で「基本合意書」を締結し、当社等を被告とする訴訟は、順次、原告が当社等への損害賠償請求を放棄することにより終結しております。


 また、本件に係る業績への影響につきましては、確定次第公表させていただきます。


 1.費用負担の割合:

区 分 当社負担割合
1985年8月21日から1987年4月21日までの間に特定フィブリノゲン製剤
(フィブリノーゲン-BBank、フィブリノーゲン-ミドリ、フィブリノゲン-ミドリ、フィブリノゲンHT-ミドリ)によって法第2条第3項に規定する特定C型肝炎ウイルス感染者となった者
10分の10
1987年4月22日から1988年6月23日までの間に特定フィブリノゲン製剤
(フィブリノーゲン-BBank、フィブリノーゲン-ミドリ、フィブリノゲン-ミドリ、フィブリノゲンHT-ミドリ)によって法第2条第3項に規定する特定C型肝炎ウイルス感染者となった者
3分の2
1984年1月1日以降に特定血液凝固第IX因子製剤(コーナイン、クリスマシン、クリスマシン-HT)によって法第2条第3項に規定する特定C型肝炎ウイルス感染者となった者 10分の10

 2.上記1の割合による拠出金以外に、定額の拠出金として51億8,672万5千円


ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ