HOMEニュースリリース

ニュースリリース

アレルギー性疾患治療剤「ベポタスチンベシル酸塩」の
中国およびインドネシアにおける販売開始に関するお知らせ(2011年5月27日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、社長:土屋 裕弘)は、このたび、連結子会社である天津田辺製薬有限公司(本社:中国 天津市)およびタナベ インドネシア(本社:インドネシア ジャカルタ首都特別州)を通じ、中国およびインドネシアにおいて、アレルギー性疾患治療剤「ベポタスチンベシル酸塩」(日本国内での販売名「タリオン®錠」)の販売を開始しましたのでお知らせいたします。


 ベポタスチンベシル酸塩は、宇部興産株式会社(本社:山口県宇部市、社長:竹下 道夫)によって創製され、同社と田辺三菱製薬が共同で開発し、田辺三菱製薬が日本において、アレルギー性疾患治療剤「タリオン®錠」として2000年から販売しています。
 また、海外では、東亜製薬(本社:韓国 ソウル市)が当社とのライセンス契約に基づき、2004年より韓国で販売しています。


 田辺三菱製薬は、中国およびインドネシアでのベポタスチンベシル酸塩の発売を通じて、両国におけるアレルギー性疾患治療に貢献できるよう取り組んでまいります。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ