HOMEニュースリリース

ニュースリリース

精神安定剤「デパス®錠0.25mg」新発売に関するお知らせ(2012年7月23日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、社長:土屋 裕弘)は、精神安定剤「デパス®錠0.5mg、同錠1mg(一般名:日本薬局方 エチゾラム錠)、デパス®細粒1%(一般名:日本薬局方 エチゾラム細粒)」について、新規格である「デパス®錠0.25mg」を、7月24日に新発売しますのでお知らせいたします。


 デパス®は、1984年3月の発売以来、国内で最も繁用されている抗不安薬です。強力な抗不安作用とともに、優れた鎮静・催眠作用、筋緊張緩解作用を併せ持ち、心身症、神経症だけでなく、腰痛症、頸椎症、筋収縮性頭痛、うつ病ならびに睡眠障害に効果が認められています。


 本剤が処方される患者さんには高齢者も多く、用量を調節しやすい低含量製剤が望まれていました。「デパス®錠0.25mg」は、こうしたニーズに応えたものです。


 「デパス®錠0.25mg」の新発売により、患者さんのQOLの向上にも貢献できると考えております。

「デパス®錠0.25mg」製品概要

製品名 デパス®錠0.25mg(DEPAS®TABLETS 0.25mg)
薬効 精神安定剤
一般名 日本薬局方 エチゾラム錠
効能・効果 神経症における不安・緊張・抑うつ・神経衰弱症状・睡眠障害
うつ病における不安・緊張・睡眠障害
心身症(高血圧症, 胃・十二指腸潰瘍)における身体症候ならびに不安・緊張・抑うつ・睡眠障害
統合失調症における睡眠障害
下記疾患における不安・緊張・抑うつおよび筋緊張
  頸椎症, 腰痛症, 筋収縮性頭痛
用法・用量 神経症、うつ病の場合
 通常、成人にはエチゾラムとして1 日3 mgを3 回に分けて経口投与する。
心身症、 頸椎症、 腰痛症、 筋収縮性頭痛の場合
 通常、成人にはエチゾラムとして1 日1.5mgを3 回に分けて経口投与する。
睡眠障害に用いる場合
 通常、成人にはエチゾラムとして1 日1 〜 3 mgを就寝前に1 回経口投与する。
なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減するが、高齢者には、エチゾラムとして1 日1.5mgまでとする。
規制区分 処方せん医薬品
製造販売承認 2012年2月15日
薬価基準収載 2012年6月22日
薬価基準 0.25mg 錠 9.00円
発売年月日 2012年7月24日
包 装 100錠(10錠×10)PTP包装、500錠(バラ)バラ包装
製造販売元 田辺三菱製薬株式会社
製品写真 デパス錠0.25mg製品写真
※現行の0.5mg錠、1mg錠と同じフィルムコーティング錠ですが、両錠剤との識別を容易にするため微赤色にしています(現行錠剤はいずれも白色)。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ