HOMEニュースリリース

ニュースリリース

脊髄小脳変性症(SCD)および多系統萎縮症(MSA)の
専門WEBサイト「SCD・MSAネット」開設のお知らせ(2012年4月18日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、社長:土屋 裕弘)は、脊髄小脳変性症(SCD)および多系統萎縮症(MSA)に罹患された患者さんとそのご家族をサポートするための専門WEBサイト「SCD・MSAネット」を開設しましたのでお知らせいたします。


 脊髄小脳変性症(SCD)および多系統萎縮症(MSA)は、小脳または脊髄が変性することによって運動失調等の症状が現れる原因不明の神経変性疾患で、厚生労働省の特定疾患に指定され、我が国では2009年度で約3万4千人の患者さんが認定されています。
 主な症状としては、「歩行しにくい(歩行失調)」、「姿勢が保ちにくくなり、倒れたり傾く(姿勢反射失調)」、「手足が意図通りに動かせず行き過ぎたり届かない(四肢失調)」、「ろれつが回らない(小脳性構音障害)」などがあります。


 「SCD・MSAネット」では、発症された患者さんが、より長く自立した日常生活を送るため、そして患者さんを身近で支え続けるご家族の方をサポートするための、さまざまな情報をご提供いたします。


 当社は、このたび開設した「SCD・MSAネット」を通じ、患者さんとそのご家族をサポートする情報を充実させることで、前向きに難治性疾患の治療を受けていただけるよう支援してまいります。

<「SCD・MSAネット」概要 >

URL:http://scd-msa.net/
■患者さん向けコンテンツ
 ・SCD・MSAの治療薬について
 ・SCD・MSAリハビリのツボ
 ・SCD・MSA何でも相談室
 ・ご家族の皆さまへ
SCD・MSAネット トップページ

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ