HOMEニュースリリース

ニュースリリース

アレルギー性疾患治療剤「タリオン®錠」「タリオン®OD錠」 小児適応追加の申請について (2014年6月2日発表)

印刷用PDF

  田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、社長:土屋 裕弘)は、このたび、アレルギー性疾患治療剤「タリオン®錠」「タリオン® OD錠」(一般名:ベポタスチンベシル酸塩)について、小児適応追加に係る承認事項一部変更承認申請を行いましたので、お知らせいたします。

 「タリオン®錠」は、宇部興産株式会社(本社:山口県宇部市、社長:竹下 道夫)によって創製され、同社と田辺三菱製薬が共同で開発し、田辺三菱製薬がアレルギー性鼻炎を適応症として2000年10月より国内で販売しています。さらに、2002年1月には蕁麻疹、皮膚疾患に伴う瘙痒(湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚瘙痒症)に対する効能が追加され、2007年3月には剤型追加として「タリオン® OD錠」も承認されました。
 小児のアレルギー性疾患治療では、第1世代の抗ヒスタミン薬の口渇や眠気などの副作用が問題とされています。本剤は第2世代の抗ヒスタミン薬として非鎮静性に分類され、口渇や眠気などの副作用が少ないことが認められています。
 当社は、小児のアレルギー性疾患を対象とした国内臨床試験を実施し、本剤の有効性並びに安全性が確認されたことから、小児適応追加の申請を行いました。

 当社は、アレルギー性疾患の治療における新たな選択肢を提供し、患者さんのQOL向上に貢献してまいります。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ