HOMEニュースリリース

ニュースリリース

2型糖尿病治療剤「カナグル®錠100mg」の国内製造販売承認取得のお知らせ
(2014年7月4日、当社と第一三共との共同発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、社長:三津家正之、以下「田辺三菱製薬」)と第一三共株式会社(本社:東京都中央区、社長:中山讓治、以下「第一三共」)は、本日、田辺三菱製薬がSGLT2阻害剤「カナグル®錠100mg」(一般名:カナグリフロジン水和物、以下「カナグル®錠」)に関し、2型糖尿病を効能・効果として国内における製造販売承認を取得したことをお知らせいたします。

 「カナグル®錠」は、田辺三菱製薬が創製した世界初の経口SGLT阻害物質T-1095をルーツとする日本発のSGLT2阻害剤です。本剤は、腎臓の尿細管において糖の再吸収に関与するトランスポーターであるSGLT2(ナトリウム-グルコース共輸送体2)を阻害することで、糖の再吸収を抑制、尿中に過剰な糖を排泄し、優れた血糖低下作用を示す薬剤です。

 本剤は、国内および海外の11,000名を超える2型糖尿病患者さんを対象に実施した第3相試験において、有効性、安全性が確認されており、これら試験には、単独療法試験および他の血糖降下薬との併用療法試験のほか、腎機能低下、高齢、心血管系疾患合併など、様々な背景を有する患者さんにおける検討が含まれています。海外では、本剤の導出先であるヤンセン・ファーマシューティカルズ(米国ニュージャージー州ラリタン市)が、2013年3月に、成人の2型糖尿病患者の治療薬「INVOKANA®(製品名)」として米国で承認を取得し、現在(2014年6月時点)では、米国を含め、欧州、カナダ、オーストラリアなど、世界40ヵ国以上で承認を受けています。

 「カナグル®錠」は、田辺三菱製薬が製造販売を行い、田辺三菱製薬と第一三共が共同でプロモーションを行います。

 田辺三菱製薬と第一三共は、2型糖尿病治療における新たな治療選択肢を提供し、患者さん一人ひとりの治療に貢献してまいります。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ