HOMEニュースリリース

ニュースリリース

−日本初の「過敏性腸症候群(IBS)の再発症状改善薬」−
「セレキノン®S」 新発売(九州・沖縄地区限定)のお知らせ(2014年7月8日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家 正之、以下「当社」)は、 OTC医薬品として日本で初めて「過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome、以下「IBS」)の再発症状改善」の効能を取得した「セレキノン®S」(要指導医薬品*)を7月10日より九州・沖縄地区の薬局・ドラッグストアで新発売いたします。
(当社、出荷開始日は7月10日です)

 IBSは、腸に器質的な病変がないにもかかわらず、ストレスなどの原因により、腹痛や腹部不快感を伴う下痢や便秘などの便通異常が慢性的に繰り返される疾患です。日本では成人のIBS の有病率が10〜15%と言われていますが、多くの方が病気であるという認識がないため受診率が低く、繰り返す症状に悩まされています。当社が行ったIBS患者さんを対象とした調査では、IBSに伴う日常生活への影響として「仕事への悪影響」や「気分が落ち込む」といった回答が上位に挙がっており、QOLの低下が著しい疾患です。

 「セレキノン®S」は当社が開発した「トリメブチンマレイン酸塩」を配合するOTC医薬品で、腸の運動を調節することにより、ストレスによって繰り返す下痢や便秘といったIBSの症状を改善します。IBS患者さんに対してセルフメディケーションにおける新しい治療の選択肢を提供し、QOLの改善に貢献いたします。

 また、当社は薬剤師による購入時の情報提供をサポートするほか、ブランドサイトを通じて適正使用のための情報発信を行います。8月からは福岡県を中心にテレビCMの放映や交通広告を実施し、疾患啓発に努めてまいります。

 セレキノン®S ブランドサイト http://www.cerekinon.jp/

* 医療用から一般用に移行して間もない薬は「要指導医薬品」に分類され、発売から原則3年間、適正使用のために薬剤師の対面による情報提供や薬学的知見に基づく指導を通じた販売が義務付けられます。


製品概要

セレキノンS製品写真


製品名 セレキノン®S
分類・区分 OTC医薬品・要指導医薬品
容量・価格 20錠・メーカー希望小売価格(税抜)1,780円
成分 1日量:3錠中
 トリメブチンマレイン酸塩 300mg
効能 過敏性腸症候群の次の諸症状の緩和:腹痛又は腹部不快感を伴い、繰り返し又は交互に現れる下痢及び便秘(以前に医師の診断・治療を受けた人に限ります)
用法・用量 次の量を食前又は食後に水又はお湯でかまずに服用してください。
成人(15才以上)、1回1錠、1日3回。
15才未満は服用しないでください。
製造販売元 田辺三菱製薬株式会社
発売日 2014年7月10日(当社、出荷開始日)
お問い合わせ 消費者からの製品に関するお問い合わせ先
田辺三菱製薬株式会社「くすり相談センター」
フリーダイヤル 0120-54-7080(弊社営業日 09:00〜17:30)


【製品特長】

セレキノン®Sは消化管運動調律剤トリメブチンマレイン酸塩を有効成分とし、OTC医薬品では日本初の過敏性腸症候群(IBS)の再発症状を改善する薬剤です。
腸管運動が亢進している時は抑制し、低下している時は亢進させるというユニークな作用で、腸の動きを正常化します。
腸管運動を正常化することで、下痢型、便秘型、混合型(下痢と便秘を繰り返す) などのいずれの病型のIBSに対しても効果を発揮します。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ