HOMEニュースリリース

ニュースリリース

患者さんの良好な血糖コントロールへの貢献をめざした
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーとの共同啓発活動について
(2014年11月6日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三津家 正之、以下「田辺三菱製薬」)は、このたび、ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニー(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:日色 保)と共同で、日本の糖尿病患者さんの良好な血糖コントロールを支援する啓発活動を推進することといたしましたので、お知らせいたします。

 今回の取り組みは、2型糖尿病治療剤(選択的DPP-4阻害剤「テネリア®錠20mg」、SGLT2阻害剤「カナグル®錠100mg」)の製造販売元である田辺三菱製薬と、自己検査用グルコース測定器 (ワンタッチウルトラビュー®、他)を販売しているジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーが、医薬品と医療機器の双方から連携し、個々の患者さんの血糖変動パターンを捉えて血糖コントロールを実現していくことの重要性を普及・啓発するために、患者さん向け小冊子の配布、医療従事者向けセミナーや講演会での情報提供などを協力してってまいります。なお、今回のような全国規模での共同啓発活動は、両社にとって初の試みとなります。

 田辺三菱製薬は、今回のジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社メディカルカンパニーとの共同啓発活動を通して、糖尿病患者さん一人ひとりの良好な血糖コントロールの実現に貢献してまいります。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ