HOMEニュースリリース

ニュースリリース

330年を超える社業のあゆみや収蔵品を一般公開
田辺三菱製薬史料館 開館およびご来館予約受付開始のお知らせ(2015年4月27日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家 正之)は、本社ビル2階に田辺三菱製薬史料館(以下、史料館)を5月12日(火)に開館しますのでお知らせします。また、史料館ホームページを公開し、本日よりウェブサイトからのご来館予約受付を開始いたします。

 当社は1678年の創業から330年を超える歴史があり、歴史的価値のある資料を多数有しています。また、本社ビルを構える大阪・道修町(どしょうまち)は全国の薬種流通の中心地、日本の薬業のルーツであり、江戸時代より「くすりの町」として知られています。史料館には、この道修町の歴史や文化、これまでの当社のあゆみに関する歴史資料を一堂に集めています。また、当社の創薬・育薬への取り組みや国際創薬企業へと向かう、いまと未来の姿を紹介しています。

 当社はこのかけがえのない歴史と精神を受け継ぎながら、高い使命感、倫理観をもって企業活動を展開し、社会に貢献できるよう努めてまいります。

<史料館入り口> 史料館入り口 <展示している創業時の看板> 展示している創業時の看板


<史料館の主な内容>
史料館は、大きく3つのゾーンで構成されています。

○くすりの道修町ゾーン くすりの道修町ゾーン

    明治初期の道修町を、田邊屋の店構えとともに再現。当時の看板や軒先に置かれていた提灯などとともに、十二代田邊五兵衞がルーツを語る映像が来館者をお迎えします。
○あゆみゾーン あゆみゾーン

当社の収蔵品と社業のあゆみを一堂に展示。ゾーンの最後に大正から現在までの歴史を映像でまとめ、皆さんをいまと未来へと導きます。
○いまと未来ゾーン いまと未来ゾーン
新薬の研究開発から、くすりを育てる 育薬、からだとくすりの密接な関係など、300有余年の歴史を経て国際創薬企業へと向かう田辺三菱製薬のいまと未来の姿を紹介します。


  
別添添付資料
<概要>
名称 田辺三菱製薬史料館
所在地 大阪市中央区道修町三丁目2番10号
 ※田辺三菱製薬 本社ビル2階
開館日 2015年5月12日(火)
面積 約220u
電話番号 06-6205-5100
URL PCサイト www.mtpc-shiryokan.jp
スマートフォン用サイト www.mtpc-shiryokan.jp/sp
QRコード QRコード
開館日 月曜日〜金曜日
休館日 毎週土・日、祝日、年末年始、会社の休日
開館時間 午前10時〜午後5時
入館料 無料
交通 地下鉄 御堂筋線「淀屋橋」駅から徒歩約10分 (8番出口または13番出口)
京阪電鉄「淀屋橋」駅から徒歩約10分
地図 田辺三菱製薬 新本社地図


  (ご来館にあたって)
田辺三菱製薬史料館のホームページにアクセスいただき、「来館予約」にてご予約の上ご来館ください。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ