HOMEニュースリリース

ニュースリリース

メディミューンと田辺三菱製薬およびタナベ リサーチ ラボラトリーズ アメリカの
がん治療における抗体薬物複合体の共同研究およびライセンス契約締結について
(2015年9月24日発表)

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家正之、以下「当社」)と、その連結子会社であるタナベ リサーチ ラボラトリーズ アメリカ社(本社:米国サンディエゴ、最高経営責任者(CEO):櫻井直樹、以下、TRL)ならびに、アストラゼネカ(本社:英国ロンドン、最高経営責任者(CEO):パスカル・ソリオ)のグローバルバイオ医薬品研究開発部門MedImmune Limited(以下、メディミューン)は、TRLの有する特異的がん抗体技術と、メディミューンの有する抗がん剤Pyrrolobenzodiazepine (ピロロベンゾジアゼピン、以下、PBD)を用いた抗体薬物複合体(Antibody-Drug Conjugates、以下、ADCs)に関する共同研究およびライセンス契約を締結したことを、米国において3社共同で発表いたしました。

 本契約により、TRLは複数のがん研究プログラムにおいて、独占的にメディミューンの技術を用いたADCsの共同研究を実施します。当社は本研究成果によって得られたADCsの臨床開発、製造・販売の全世界における権利を有します。また当社は、メディミューンに対し契約一時金ならびに、研究・開発の進捗に応じて、段階的にマイルストーンを支払います。さらに、全世界での売上額に応じて、一桁台のロイヤリティを支払う可能性があります。なお、当社は、メディミューンに対し、一定の開発段階でその後の米国および欧州における開発販売に関する権利の許諾について協議する権利を付与しています。

 TRLの最高経営責任者である櫻井直樹は、次のように述べています。「メディミューンとのADCs研究は、TRLの有する特異的がん抗体のさらなる発展にとって非常に喜ばしいことです。」また、TRLのChief Scientific Officerである Dr. Roland Newmanは、「本契約は、TRLの有する先駆的なモノクローナル抗体および二重特異性(バイスペシフィック)抗体と、メディミューンのADCs技術を用いた治療法研究の重要な第一歩となるでしょう。世界屈指のバイオ企業との画期的な治療法研究を行える機会に興奮を覚えます。」と述べています。

 当社は、アンメットメディカルニーズに応える研究開発に取り組んでおり、優れた技術を有するパートナーとのオープンシェアードビジネスも積極的に進めていきます。本共同研究の成果を、一日でも早く結実し、世界の患者さんの健康に貢献してまいります。

*本資料は、米国で発信したプレスリリースを元に、日本の皆さまのご参考に提供するものです。本資料の正式言語は英語であり、その内容、解釈は英語が優先します。



  <リリース内容・参考資料>(PDFファイル・2ページ)

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ