HOMEニュースリリース

ニュースリリース

田辺三菱製薬とアケビア社によるバダデュスタットの
日本・アジアにおける開発・販売権に係る協業契約締結について
(2015年12月15日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(大阪市、代表取締役社長:三津家 正之、以下、「当社」)は、このたび、アケビア社(Akebia Therapeutics、米国マサチューセッツ州)との間で、慢性腎臓病に伴う経口貧血治療剤バダデュスタット(Vadadustat) に関する日本および他のアジア諸国における独占的開発・販売権に係る協業契約を締結しましたのでお知らせします。

 当社は、今回の契約締結により、アケビア社に対して契約締結時に40百万ドルを支払います。また、当社は、同支払額を含めて契約締結時一時金と開発費用負担額として、最大100百万ドルをアケビア社に支払う可能性があります。さらに、当社は、開発および販売マイルストンとして最大約250百万ドル、ならびに、日本を含むアジア諸国(台湾、韓国、シンガポール、マレーシア、インドネシア他)でのバダデュスタットの販売額に応じて、10〜20%台のロイヤリティをアケビア社に支払う可能性があります。

 アケビア社のCEOであるJohn P. Butlerは、次のように述べています。「バダデュスタットは、慢性腎臓病に伴う貧血に関して、新しい治療パラダイムをもたらすだろう。今回の協業契約締結により、アジアにおけるバダデュスタットの潜在的な治療効果が明らかになると考えている。アジア市場や日本で一定の地位を築いている日本の製薬大手の一社である田辺三菱製薬は、画期的な医薬品の開発と販売を行っており、戦略的に腎疾患や糖尿病の製品を手掛けている事から、アケビア社にとって理想的なパートナーと考えている。」

 また、当社の代表取締役社長である三津家 正之は、次のように述べています。「慢性腎臓病に伴う貧血の安全な治療法は、未だ世界でも克服されていない医療上のニーズとして存在している。我々は、バダデュスタットに大きな可能性を感じており、アケビア社との協業契約は、待ち望んでいた結果である。」

 なお、本件による当社の業績予想への影響はありません。


ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ