HOMEニュースリリース

ニュースリリース

ジェネリック医薬品 クロピドグレル錠 25mg/50mg/75mg「タナベ」
【効能・効果】、【用法・用量】の一部変更承認取得に関するお知らせ(2016年12月21日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家 正之)は、2016年12月21日にクロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「タナベ」 について、下記のとおり、「効能・効果」および「用法・用量」の追加承認を取得しましたのでお知らせいたします。
 これにより、「効能・効果」および「用法・用量」は先発品と同一となりますので、先発品と同様に処方していただけるようになりました。これらの製品は、連結子会社である田辺製薬販売株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:八田 雅夫)を通じて販売しております。


製品名 クロピドグレル錠25mg/50mg/75mg「タナベ」
効能・効果
(下線部分が追加)
・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
・経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
  急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
  安定性狭心症、陳旧性心筋梗塞
・末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制
用法・用量
(下線部分が追加)
・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合
  通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与するが、年齢、
  体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
・経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合
  通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与
  し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与する.
・末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合
 通常、成人にはクロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ