HOMEニュースリリース

ニュースリリース

遺伝子組換え人血清アルブミン製剤における
事業構造見直しに関するお知らせ(2017年5月10日発表)

印刷用PDF

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:三津家 正之)は、本日、遺伝子組換え人血清アルブミン製剤「メドウェイ®注25%」の事業構造を見直すことを決定いたしました。


1.事業構造見直しの概要
 遺伝子組換えアルブミン製剤「メドウェイ®注25%」は、安全性が高いアルブミン製剤として医療ニーズが高く、血漿分画製剤の国内自給化の方針に寄与できる製剤であることから、当社および株式会社バイファは、アルブミン製剤の国内自給と安定供給に寄与すべく、これまでメドウェイ®注25%の確実な販売再開に向け準備を進めてまいりました。
 近年のアルブミン製剤全体の市場変化を踏まえつつ、遺伝子組み換えアルブミン事業を安定的に継続するために、現在の事業構造を抜本的に見直し、「株式会社バイファ」が担う同剤に関する製造技術を外部製造委託先に移管することとしました。それに伴い、同社でのメドウェイ製造に係る事業は終息する予定です。


2.株式会社バイファの概要

(1) 社名 : 株式会社バイファ(英文表記:BIPHA CORPORATION)
(2) 所在地 : 北海道千歳市泉沢1007番地124
(3) 代表者 : 代表取締役社長 夜久 晃治
(4) 事業内容 : 医薬品の製造、その他
(5) 資本金 : 1億円
(6) 設立年月日 : 1996年11月1日
(7) 従業員数 : 72名


3.当社の業績への影響
 今後、業績に与える影響が見込まれる場合は、別途お知らせいたします。

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ