生薬について



コロハ画像コロハ

 胡蘆巴はマメ科の一年生草木のTrigonella Foenum-graecum L.の種子です。マメ科の植物ですので、果実はサヤ状で、その中にハブ茶によく似た種子が十数個入っています。
 中国の安徽(あんき)省、河南(かなん)省、四川(しせん)省などの冷涼な所で栽培されています。しかし、胡の字があるように、胡瓜や胡麻のように胡の国から伝来した生薬のようです。
 既にエジプト、ギリシャ、ローマ時代から薬用とされていたことが記録に残っています。インドでも古くから用いられ、中国に伝来したのは清代末期頃とされ、使用された歴史の比較的浅いものといえます。
 胡蘆巴は補腎の作用と命門の要薬として使われています。腎と命門というのは、左右の腎臓のことを指したもので、全身に満ちあふれる精気を生んでいるところであるため、これを補するということは、やはり強精・強壮作用を大いに期待して用いられたものとうかがえます。特有な芳香を持ち、香辛料としても用いられます。

「中国強壮生薬の話」(株式会社 世界保健通信社)より

強壮
作用
循環器系への
作用
筋肉・神経への
作用
その他の
作用
強壮 血行 補血 利尿 強心 鎮痛 消炎 健胃 鎮静
作用 強壮 鎮痛 健胃
出典:原色和漢薬図鑑、漢薬の臨床応用、中国強壮生薬の話、日本薬草全書



■「ナンパオ」に配合されている31種生薬

>ロクジョウ >センゾクダン >ビャクジュツ >クコシ >ブクリョウ
>カイバ >ハゲキテン >カンゾウ >ジュクジオウ >コウクジン
>トシシ >インヨウカク >ケイヒ >トウキ >コクロジン
>ホコツシ >センボウ >ホウブシ >アキョウ
>ニクジュヨウ >サンシュユ >ゲンジン
>サヨウ >ニンジン >フクボンシ >ボタンピ
>トチュウ >オウギ >バクモンドウ >ゴシツ

>生薬一覧へ戻る