生薬について



オウギ画像オウギ

 黄耆はマメ科のAstragalus mambraceus(Fisch)BGE.キバナオウギの棒状に長くのびた根を薬用にしたものなのです。黄色で長くのびたものなので黄耆という生薬名がつけられたといわれています。
 中国の山西(さんせい)省や黒竜江(こくりゅうこう)省などで栽培されています。
 黄耆は人参、白朮、甘草のように補虚補気薬として用いられています。
 中国語でいえば「補気(ほき)、升陽(しょうよう)、固表止汗(こひょうしかん)、托瘡生肌(たくそうしょうきん)、利水退腫(りすいたいしゅ)」の要素といわれています。すなわち全身の機能を高め、虚労時の寝汗を止め、皮膚を美しくし、身体のむくみをとるといった作用があるということです。
 薬理学的にも、強壮作用、免疫力増強作用、利尿作用、血糖降下作用、抗腎炎作用、末梢循環改善作用、冠状動脈拡張作用、血圧降下作用、抗ストレス作用、抗菌作用など幅広く研究されています。

「中国強壮生薬の話」(株式会社 世界保健通信社)より

強壮
作用
循環器系への
作用
筋肉・神経への
作用
その他の
作用
強壮 血行 補血 利尿 強心 鎮痛 消炎 健胃 鎮静
作用 強壮 血行 利尿 強心 健胃
出典:原色和漢薬図鑑、漢薬の臨床応用、中国強壮生薬の話、日本薬草全書



■「ナンパオ」に配合されている31種生薬

>ロクジョウ >センゾクダン >ビャクジュツ >クコシ >ブクリョウ
>カイバ >ハゲキテン >カンゾウ >ジュクジオウ >コウクジン
>トシシ >インヨウカク >ケイヒ >トウキ >コクロジン
>ホコツシ >センボウ >ホウブシ >アキョウ
>ニクジュヨウ >コロハ >サンシュユ >ゲンジン
>サヨウ >ニンジン >フクボンシ >ボタンピ
>トチュウ >バクモンドウ >ゴシツ

>生薬一覧へ戻る