生薬について



ボタンビ画像ボタンビ

 牡丹はその花が大変美しく、豪華なことから花王と呼ばれたり、中国の国花として、人民に親しまれ、わが国にも奈良時代に渡来し、花の観賞ばかりでなく、薬用としても栽培されています。
 薬用にするのは四方に長くのびた根を生のときに中心の硬い木部を抜きとって厚い皮の部分だけにしたものです。乾燥すると特有の芳香があり、時には皮の表面や裏面にキラキラと光る無色透明な結晶が析出することがあります。この結晶がペオノールといって、牡丹皮の薬効を代表する成分です。牡丹に牡(オス)という字が使われたのは、その新苗が地面から生えている姿が男性のシンボルに似ていることから使われたといわれています。丹は花の色がまっ赤なことから名付けられました。
 ところで、「牡」という字は強壮の「壮」とよく似ています。共通している「士」という字は男性のシンボルの姿を表しているのです。武士の士もその意味からつけられたものです。「牡」は牛の立派な姿を表した漢字です。
 牡丹皮は「骨蒸」の治療薬として用いられています。すなわち、午前中は平温であるが、夜になると発熱して、胸苦しくなったり、腰痛がおこったり、安眠できないような腎虚におちいる状態を牡丹皮が治すのです。
 また牡丹皮は活血散オ薬でもあります。「オ(オ)」というのはこの一字で血液の循環が悪い状態を指した中国医学用語です。肩がこったり、腰が痛むというのもオ血病の中に入れてこれを治療するには牡丹皮、地黄、当帰などが用いられたのです。特に婦人病の随伴症状として現れる肩こり、腰痛には特効があるとされています。また交通事故、手術後の後遺症がいつまでも続いている状態もオ血といわれ、これらの生薬がよく用いられます。

「中国強壮生薬の話」(株式会社 世界保健通信社)より

強壮
作用
循環器系への
作用
筋肉・神経への
作用
その他の
作用
強壮 血行 補血 利尿 強心 鎮痛 消炎 健胃 鎮静
作用 血行 利尿 強心 鎮痛 消炎 鎮静
出典:原色和漢薬図鑑、漢薬の臨床応用、中国強壮生薬の話、日本薬草全書



■「ナンパオ」に配合されている31種生薬

>ロクジョウ >センゾクダン >ビャクジュツ >クコシ >ブクリョウ
>カイバ >ハゲキテン >カンゾウ >ジュクジオウ >コウクジン
>トシシ >インヨウカク >ケイヒ >トウキ >コクロジン
>ホコツシ >センボウ >ホウブシ >アキョウ
>ニクジュヨウ >コロハ >サンシュユ >ゲンジン
>サヨウ >ニンジン >フクボンシ
>トチュウ >オウギ >バクモンドウ >ゴシツ

>生薬一覧へ戻る