生薬について



ブクリョウ画像ブクリョウ

 茯苓は松の木が枯死し、その四、五年後に、松の根に寄生するサルノコシカケ科のPoria cocos (FR.) WOLFマツホドというキノコの菌核を薬用にしたものです。地下に生じているものですから、地表では見られず、枯松の付近をブクリョウつきという道具で地面をついてさがしあてるのです。こういうものをよく薬用に使ったと思いますが、実はこれは不老長寿の仙人の常用食でもあったのです。
 小便の出が悪くなったり、胃内停水や水腫の治療薬としても用いられている重要な生薬で、使用頻度の多いものです。白朮(ビャクジュツ)とともによく用いられます。

「中国強壮生薬の話」(株式会社 世界保健通信社)より

強壮
作用
循環器系への
作用
筋肉・神経への
作用
その他の
作用
強壮 血行 補血 利尿 強心 鎮痛 消炎 健胃 鎮静
作用 強壮 利尿 鎮静
出典:原色和漢薬図鑑、漢薬の臨床応用、中国強壮生薬の話、日本薬草全書



■「ナンパオ」に配合されている31種生薬

>ロクジョウ >センゾクダン >ビャクジュツ >クコシ
>カイバ >ハゲキテン >カンゾウ >ジュクジオウ >コウクジン
>トシシ >インヨウカク >ケイヒ >トウキ >コクロジン
>ホコツシ >センボウ >ホウブシ >アキョウ
>ニクジュヨウ >コロハ >サンシュユ >ゲンジン
>サヨウ >ニンジン >フクボンシ >ボタンピ
>トチュウ >オウギ >バクモンドウ >ゴシツ

>生薬一覧へ戻る