生薬学校人類の叡智・伝統医学を科学する



陰陽五行説


「このシリーズ II は『生薬学校』でも、その真骨頂で、どこからクリックしてもそれなりに解かるように構成しているが、できたら、このトップバッター『陰陽五行説』から入ってもらいたかったのじゃ。伝統医学(漢方)の中核をなす、哲学ともいうべき概念なのじゃ。」
―――陰陽五行説と一口にいうが、本来、発生的には別々のものがふたつ合わさってできたものと考えられる。
伝統医学(漢方)は、自然と人間とのかかわりを基本骨子として展開されていることが特徴的であり、たとえば月と太陽、水と火などの自然現象を、ふたつの対立関係としてとらえた「陰陽」という概念が生じ、また、五遊星(木星・土星など)の発見と、古代人の生活必須要素である木・火・土・金・水が一緒になり「五行説」が生まれた。これらふたつの概念が合体して「陰陽五行説」が成立し、天文歴、政治、道徳、その他すべての物事の基礎理論に応用された。
この「陰陽五行説」がさらに拡大されて、医学の分野にも採用され、人と自然との関係および人体内部の臓腑の相互関係を明らかにし、病理、診断、予防、治療など、伝統医学(漢方)の理論的基礎をつくった。これを記述したのが『黄帝内経』(世界最古の医学書)といわれる。
「陰陽原理というと、いかにも古めかしいが、陽気・陰気、陽極(+)・陰極(−)、山陰・山陽など、現代の日本語の中にも、結構とり入れられておるのじゃ。

○ 一般的な事物の分類
分類天地季節時間性別気温明るさ運動上下内外
秋冬静的
春夏動的

○ 人体の分類
分類表裏上下背腹臓腑気血体温性格状態体力
下半身腹部静的抑制衰退
上半身背部動的興奮亢進

○ 疾病の分類
分類性質
裏証、虚証、寒証
表証、実証、熱証

そして、自然界の現象であろうと、人間の体であろうと、あまり陽に過ぎてもいけないし、陰に過ぎてもいけないのじゃ。
昔は今のような自然科学が発達していなかったから、病気を陰陽のバランスの崩れとして捉えたのじゃ。そして、病気を治すとは、この陰陽のバランスを回復することだと考えたのじゃ。だから、
陰に過ぎている場合は → 陽性の薬を
陽に過ぎている場合は → 陰性の薬を
与えて、バランスを回復することが、漢方(伝統)医学の基本原理なのじゃ。」
「“五行説”とは、人体、自然界のすべての事物が、木・火・土・金・水の五つの要素の運行と変化によって成り立っているという考え方じゃ。」
―――古代の人達は、木・火・土・金・水、五種類の物質が生活のなかで、なくてはならないものと考えていた。例えば、水と火は飲食の調理のため、金と木は日常の労働のなかで必要とし、土は万物が資生するものであるというように。
当時の人達は、ある抽象的な意味(気・エネルギー)を加えて、すべての物質・諸事万端を割りふり、説明している。同時に、これらは互いに生じあい、互いに制約しあう関係であり、たえず変化しているととらえ、「五行」と称した。
“五行説”では“五行の相生” “五行の相剋”ということで互いの関係を説明している。
「相生関係とは、互いの資生と助長の事であり、木生火、火生土、土生金、金生水、水生木で事物の発生と発展がある。
また、この相生関係の中で、我を生じるものは母であり、我が生じるものは子であるという考え方があり、(例えば、火は木から生じ『母』、火から土が生じる『子』)、五行の相生関係を『母子関係』ということもあるのじゃ。
相剋関係とは、互いに相助け、相反する(制約する)関係で、木剋土、土剋水、水剋火、金剋木で運行を続けることが出来るという説なのじゃ。この“相生”“相剋”は、切ることが出来ない関係で、生がなければ発生と発展がなく、剋がなければ正常な協力関係を続けることは出来ないのである。
当然、医学の分野でも、長期にわたって蓄積された医学体験を五つの要素に分類することにより人体の臓腑、生理、病理、診断、治療、食物、環境状況の把握に応用してきたのである。


具体例をあげれば、腎・膀胱がしっかりしていて、肝・胆がよくなれば、心・小腸もよくなり(相生)、逆に、肺・大腸の影響があったりして肝・胆を害すれば、脾・胃も悪くなる(相剋)のじゃ。」
陰陽五行説は何千年もの歴史の中で経験した事実の積み重ねから作られた理論じゃ。実際に病人を見たとき当を得ているが、現代医学では説明ができないことが多い。ここに伝統医学の奥深さがあり、また難解の原因ともなっているのじゃ。

どうじゃ、
あなたの健康に対する考え方も相当『生薬』に傾いたのではないか?
生薬を31種類配合した『ナンパオ』という薬があるんじゃ。
全国の薬局・薬店であえることを楽しみにしておるぞ。
ナンパオページへ

●ナンパオについてのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
●ナンパオのお買い求めは全国の薬局・薬店でお願いいたします。

お問い合わせは、田辺三菱製薬(株)くすり相談センター

フリーダイヤル0120-54-7080

受付時間:弊社営業日の9:00〜17:30


>「人類の叡智 伝統医学を学ぶ」に戻る