生薬学校人類の叡智・伝統医学を科学する



心身一如


“心身症”なる言葉も広く知られておるが、これは、心の病変や負担が身体面に影響してあらわれた症状なんじゃ。
漢方の基本的な姿勢の一つに“心身一如”という考え方があるのじゃ。これは現代医学の“精神・身体二元論”に対し、伝統医学では、精神と身体とを相互に関連しているものと捉えておるのじゃ。“心”つまりさまざまな精神活動や感情は、内臓や他の機能と密接に関連して営まれているという考え方なのじゃ。落語にもあるが、失恋がもとで病気になってしまったり、怒ってばかりいると、体の調子が悪くなってくる、これらも“心身一如の病因論”といわれ、今日の心身医学と深く関連しておるのじゃ。治療も身体的な問題へ、精神的な面からの働きかけを行うことがある。例えば、現代医学で、胃・十二指腸潰瘍の再発率が約70%といわれておるが、それは、その多くがストレスに起因しているためである。従って、ストレスが減らないかぎり、潰瘍は完治せずに再発を繰り返すのじゃ。
ところが、伝統医学では、潰瘍の根本原因としてストレスも考慮するので、治療にあたって、ストレス抵抗性をも高める配慮をするので、当然、再発率が低くなるのじゃ。
“最古の病理学”でも話したが、伝統医学には、内因として、七情という考え方の病因論を持っているわけで、まさしくこの“心身一如”の考え方は世界最初のストレス学説ともいえるのじゃ。
どうじゃ!あなたのストレスも“生薬製剤”なら、おさまるかもしれん!
元気に次をクリックしたまえ。」

どうじゃ、
あなたの健康に対する考え方も相当『生薬』に傾いたのではないか?
生薬を31種類配合した『ナンパオ』という薬があるんじゃ。
全国の薬局・薬店であえることを楽しみにしておるぞ。
ナンパオページへ

●ナンパオについてのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
●ナンパオのお買い求めは全国の薬局・薬店でお願いいたします。

お問い合わせは、田辺三菱製薬(株)くすり相談センター

フリーダイヤル0120-54-7080

受付時間:弊社営業日の9:00〜17:30


>「人類の叡智 伝統医学を学ぶ」に戻る