生薬学校人類の叡智・伝統医学を科学する



気血水


「伝統医学では、体内にある“気・血(けつ)・水(すい)”という3つの要素によって、臓器や各組織が正常に働き、心身の活動が営まれると考えておるのじゃ。」
この考え方の基になるのは、中国の金元時代に生まれたものじゃが、それを「気血水論」として確立したのは、日本の吉益南涯(1730〜1813)なのじゃ。
陰陽論から言えば、気が陽で、血が陰ということになるが、この血をさらに狭義の血(血液)と水(血液以外の体液)に分けたのである。
図:気血水の循環で人体は維持される
「この“気”と“血”と“水”が、とどこおりなく循環していれば健康で、不足したり、とどこおったりすると疾病になるというのが気血水論なのじゃ。」
「気」とは、“元気”の気、“気力”の気、“気合い”の気で、目に見えない生命エネルギーである。
つまり、生体における精神的・機能的活動を「気」と名づけておる。
「血(けつ)」と「水(すい)」は、兄弟のようなもので、いずれも体を潤し、栄養を与える体液で、赤い色をしたものが「血」。無色の体液が「水」である。「血と水」は「気」の働きを担って、体内を循環している。
「これはちょうど、SL(蒸気機関車)の働きに似ていて、高温の蒸気は目で見ることができないが、この蒸気がピストンを動かし、駆動輪が回り、SLが動くのじゃ。蒸気は石炭や水がなければ生じないのじゃ。」
「こんなに重要な“気血水”は、どうしてつくられるかということじゃが。
まず、“気”は、我々がこの世に誕生するに当って、両親から授けられたパワー(先天の気)と、お母さんのオッパイをはじめ、飲食物から得られるパワー(水殻の気)、それに、呼吸によって、空気から取り入れるパワー(宗気:そうき)から生成されるのじゃ。このいずれが欠けても、十分な“気”はできやせんのじゃ。
“先天の気”は成長、発育、生殖をコントロールする重要な要素で、“血と水”は“水殻の気”と“宗気(後天の気)”から変化してできると考えられているのじゃ。」
“気・血・水”の主な異常
主な症状
気の異常 上衝 冷えのぼせ、頭痛、動悸など
気うつ 抑うつ気分、不安感、咽喉頭異常感、呼吸困難など
血の異常
オ
舌口唇粘膜の暗紫色とうっ血、皮下小静脈うっ血、月経異常、下肢静脈瘤、下腹部の筋緊張と圧痛など
水の異常 水毒 朝、手や顔がむくむ、指が浮腫状で握りにくい、舌に歯痕、夕方の下肢浮腫、漿液性分泌物、水様の鼻汁や喀痰、心下振水音、尿量の異常、口渇、めまい、頭痛など

「それでは、この“気血水”に異常がおこったらどうなるか?もちろん、病気ということになるが。
“気”の異常をおこす原因の一つにストレス等があるが、“気”が減少すると、消化吸収の能力が低下して、栄養素が全身にいかなくなり、結果として、“だるい、疲れやすい、食欲がない、かぜをひきやすい”といった症状が現われ(気虚という)、未病や病気の一因とみなすのじゃ。
“血”(けつ)が停滞すると、“オ血(おけつ)”と呼ばれ、“頭痛、肩こり、冷えのぼせ”などの症状をひきおこし、また、貧血も“血”の異常と考えられる。
“水”(すい)が体内のどこかに偏った場合、“水毒(又は水滞)”と呼ばれ、むくみやアレルギーの状態に近く“息切れ、咳、手足の冷えやしびれ”などさまざまな症状が現われるのじゃ。」

“気血水”の異常を改善するための生薬として、ふつう、“気”を改善する生薬(→理気薬)、“血”を改善する生薬(→駆オ血薬)、“水”を改善する生薬(→駆水薬)などのタイプに分類されるが、ひとつの生薬にもいろいろな成分が含まれるため、1つの生薬が2つのタイプに分類されることもある。しかも、『生薬製剤』となると、いくつかの生薬を配合し、個々の生薬より強い作用や新しい作用を生み出したり、副作用を弱めたりしている。
「どうじゃ、生薬の力もすごいが、さらに『生薬製剤』となると、大変な効力を発揮するということじゃ。
あなたも“気・血・水”の変調に気をつけて、大いに人生を楽しみたまえ。」

どうじゃ、
あなたの健康に対する考え方も相当『生薬』に傾いたのではないか?
生薬を31種類配合した『ナンパオ』という薬があるんじゃ。
全国の薬局・薬店であえることを楽しみにしておるぞ。
ナンパオページへ

●ナンパオについてのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
●ナンパオのお買い求めは全国の薬局・薬店でお願いいたします。

お問い合わせは、田辺三菱製薬(株)くすり相談センター

フリーダイヤル0120-54-7080

受付時間:弊社営業日の9:00〜17:30


>「人類の叡智 伝統医学を学ぶ」に戻る