生薬学校人類の叡智・伝統医学を科学する



四診


「伝統医学の診察法は4つある。これを“四診(ししん)”というのじゃ。
仲間が集まると必ず“健康” “不健康”が話題になる現代、この診察法を知っておると、あなたは一躍、仲間うちで博識の人と評判になること、受けあいじゃ。こころして学んでくれたまえ。」
―――“四診”とは「望診(ぼうしん)・聞診(ぶんしん)・問診(もんしん)・切診(せつしん)」の4つをいい、これらの方法で、体力の状態や“気血水”の変調、病気の経過状態などをチェックし、診断することである。
体力の状態・気血水の変調、病気の経過状態をチェック
「望診」
相手(患者)の動作や容姿から、眼光、顔色、皮膚の具合、舌の観察など、視覚によって情報を得る。
「聞診」
声の明瞭さ、声のはり、問いかけに対する応答などを詳細に検討する。また、体臭や息のにおい、排泄物のにおいなど、聴覚と嗅覚による情報収集の方法である。
「問診」
一般的な病歴はもちろん、自覚症状や訴え、こちらの質問に対する答えなど、きわめて大切な診断法である。
「切診」
実際に体に触れ、脈を診る「脈診」、腹部を診る「腹診」が主で、日本では特に、「腹診」を重視する傾向がある。
*切診は、医師法の制約があり、素人や薬局・薬店では使えない。
こうした診察法は、西洋医学でも基本的には同じで、あと、聴診器などで聴く“聴診”や臨床検査などの客観的データで、西洋医学では“病名”を決める。
これに対して、伝統医学の「四診」は、患者の“証(しょう)”を見定めるポイントとなる。
陰証・陽証=患者の体調や生命力の状態。からだ全体の反応の性質を示す。
虚証・実証=慢性病患者などの基礎的な体力や性質を示す。
寒証・熱証=からだの冷感・悪寒・熱感などを示す。
表証・裏証=病気の進行状態などを示す。

“証”を見定めるための「四診」であるから、「四診」の中の優先順位が大切である。“望診”によって得られる情報が最優先し、次いで“聞診”“問診”“切診”の順となるが、“望診”だけでは“証”をきめづらいので、他の診断法をもみなければならない。
「どうじゃ。器具や機械を使わずに、あなたの五感+αで、健康占いなんてやるとウケるぞ!ワシの秘法をちょっと教えてしんぜようか。
たとえば、同じように肌が白くても、つやがあって、全体にほんのりと赤い人は○。
白くてカサカサした人なら、肺の機能が衰えているかもね。また、白くぶよぶよしている人は一般に“気虚”(気の不足:「気血水」の項をクリック)とみなすので、“気虚”を改善する『生薬(人参・甘草など)製剤』をプレゼントするのも手じゃ。
それでは、あなたの健闘を祈るぞ!さらばじゃ。」

どうじゃ、
あなたの健康に対する考え方も相当『生薬』に傾いたのではないか?
生薬を31種類配合した『ナンパオ』という薬があるんじゃ。
全国の薬局・薬店であえることを楽しみにしておるぞ。
ナンパオページへ

●ナンパオについてのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
●ナンパオのお買い求めは全国の薬局・薬店でお願いいたします。

お問い合わせは、田辺三菱製薬(株)くすり相談センター

フリーダイヤル0120-54-7080

受付時間:弊社営業日の9:00〜17:30


>「人類の叡智 伝統医学を学ぶ」に戻る