生薬学校人類の叡智・伝統医学を科学する



本草綱目


「あなたの伝統医学に対する知識も相当に深まったものと思うが、どうじゃ。 伝統医学を本格的に学ぼうとする人にとって、薬草個々の古典的解説書となれば、まず『本草綱目』(生薬学の教科書)をあげねばならないのじゃ。」
―――中国では古来、医薬の学を“本草”と称し、薬のもととなる多数の植物、動物(人も含む)、鉱物からの医薬品をいい、本草の学問を“本草学”といった。
中国の薬物書は内容が豊富であり、その最古のものは、後漢の時代にできたという『神農本草経』であり、6世紀に梁の陶弘景が校訂したものが後世につたわっている。
『本草綱目』は、明の李時珍(1518〜1593)によって書かれたもので、彼は、中国医学が世界に誇る薬学者の一人で、一開業医として生涯を送ったが、本草学に異常な興味を抱き、全国を採取旅行して研究材料を集め、27年がかりで完成したのが『本草綱目』全52巻の大著である。
「彼は、従来の本草書の知識を集めるとともに、約1900種の薬用植物、動物、鉱物などを16部60類に分けて、その産地、性質、製薬方、効能などを解説し、また、従来の説に対する批判を加えて、万暦6年(1578)完成し、同18年に刊行。その死後、同31年に再び刊行されたのじゃ。この本はたびたび改訂、復刻されたが、現在でも非常に権威のあるものじゃ。」
――西洋人が伝統医学から取入れた薬のなかには、“大黄” “鉄” “ヒマシ油” “カオリン(白陶土、含水圭酸アルミニウム)” “トリカブト” “樟脳” “インド大麻”などがある。“大風子油”は中国ではすでに14世紀にハンセン病治療に用いられていたが、西洋で用いられたのは今から1世紀前にすぎない。“麻黄”という植物は、中国では少なくとも4000年にわたって用いられてきた。この植物からエフェドリンというアルカロイドが日本の長井長義によって取り出され、それが現代医学で喘息やこれに類似する症状に用いられて、治療法が大いに改善された。

「日本には慶長12年(1607)に入ってきたものを、本草学者・小野蘭山が、孫の職考と門人の岡村春益に口述、筆録させ補訂した『本草綱目啓蒙』(全48巻)に1880種余が記載され、享和3年(1803)に刊行されたのじゃ。これによって、江戸期に本草学が一段と流行。数多くの本草書が編さん、上梓され、わが国の本草学の隆盛を極めるに至ったのじゃ。
最近、一部の化学薬品に対する一般の人々の不信と警戒から、作用が緩和で副作用の少ない天然薬物、特に薬草への関心が高まり、その書籍もぼう大な数にのぼるが、その殆んどは“薬草書”的な写真主体の薬草知識が主体の本じゃ。
それに比して、むしろ欧米では、学術的研究のために『本草綱目』がいま注目されておるのじゃ。とくに、アメリカのサプリメント市場(日本の健康食品市場とは違って、法的にも確立された市場)では、薬草全般(生薬)を“ハーブ”と称し、製品の開発をこの『本草綱目』に求めている場合が多いのじゃ。
そういったこともふまえて、『本草綱目』は、まさに現代の医薬品の原典であるとワシは考えておるのじゃ。
あなたも“生薬”をよく理解してくれたまえ。期待しておるよ!」

どうじゃ、
あなたの健康に対する考え方も相当『生薬』に傾いたのではないか?
生薬を31種類配合した『ナンパオ』という薬があるんじゃ。
全国の薬局・薬店であえることを楽しみにしておるぞ。
ナンパオページへ

●ナンパオについてのお問い合わせは、下記にお願いいたします。
●ナンパオのお買い求めは全国の薬局・薬店でお願いいたします。

お問い合わせは、田辺三菱製薬(株)くすり相談センター

フリーダイヤル0120-54-7080

受付時間:弊社営業日の9:00〜17:30


>「人類の叡智 伝統医学を学ぶ」に戻る