HOME患者さん・ご家族の皆さま>関節リウマチ

病気のお話 関節リウマチ

関節リウマチの基礎知識

関節リウマチは、関節に起こる炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、関節の変形を特徴とする病気です。また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあります。炎症の慢性化により、関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまうと、日常生活に支障をきたすことになります。残念ながら現在のところ、関節リウマチを完治させる治療法はありませんが、さまざまな薬が開発され、治療法は進化しつづけています。

関節リウマチの現状

現在、日本全国で関節リウマチに悩む患者さんは70万人とも100万人ともいわれ、その数は高齢化にともない年々増加する傾向にあります。男女の割合は1対4と圧倒的に女性に多く、発症年齢は30〜50歳代、とくに40歳代がもっとも多いことがわかっています。

免疫と関わりがある、関節リウマチの原因

ウィルスや細菌など“抗原”といわれる異物が体外から侵入してくると、体内で“抗体”という武器をつくり、異物を攻撃し排除するしくみを免疫といいます。関節リウマチは、いまのところはっきりした原因はわかっていませんが、免疫の異常が関わっていることは確かなようです。なんらかの原因で免疫の機能に異常が起こると、からだのなかの大切な成分を異物とみなして抗体をつくってしまい、自分自身を攻撃することがあります。 これを自己免疫疾患といい、関節リウマチは、この疾患のひとつとされています。

関節リウマチが起こりやすい関節

関節リウマチの典型的な症状は、いくつかの関節が左右対称に腫れて痛むことです。関節リウマチが起こる関節を赤丸で、その頻度を数字で示したのが右図です。関節リウマチは、背骨の関節には起きない(首の関節には起きることがあります)ということを示しています。


リウマチ21.infoのご紹介

田辺三菱製薬株式会社が運営する関節リウマチ専門サイト「リウマチ21.info」では、関節リウマチ患者さんや家族・友人の皆様にお役立ていただける情報を掲載しています。

家族・友人と工夫する関節リウマチ生活

関節リウマチの患者さんの食事・家事・入浴・外出など、暮らしの様々な場面に役立つ情報をご紹介しています。

関節リウマチの医療福祉制度

関節リウマチの患者さんが受けることのできる医療福祉制度や介護サービスをご案内しています。

弊社製品をご使用、もしくはご使用予定の患者さんへ

関節リウマチの治療薬について、テキストや動画でご覧いただけます。

リウマチ専門サイト リウマチ21.info

患者さん・ご家族の皆さま
病気のお話
  • 関節リウマチ
  • クローン病
  • 乾癬
  • 脳梗塞
  • 閉塞性動脈硬化
  • 肝・胆道系疾患
  • 逆流性食道炎・非びらん性胃食道逆流症
  • アレルギー性鼻炎・花粉症
  • 睡眠障害
症状別情報