HOMEニュースリリース

ニュースリリース

エンヴィヴォ社とのEVP-6124導入契約に関するお知らせ(2009年4月1日発表)

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、社長:葉山夏樹)は、エンヴィヴォ社(本社:米国マサチューセッツ州、CEO:キース ビーン)から、同社が米国において開発中の化合物であるEVP-6124の日本を含むアジア地域における独占的研究・開発・販売及び製造権を取得しましたのでお知らせいたします。


 EVP-6124 は、α7ニコチン性アセチルコリン受容体アゴニスト作用を有する化合物で、エンヴィヴォ社において、アルツハイマー病および統合失調症に伴う認知障害のある患者さんを対象にした開発が進められています。EVP-6124 は既に、統合失調症に伴う認知障害のある患者さんでの第1相臨床において良好な結果が確認されており、アルツハイマー病においても、既存のアセチルコリンエステラーゼ阻害薬に加え、新たな治療の選択肢を提供できるものと期待しています。


 なお、田辺三菱製薬の研究・開発・販売・製造権は、日本、韓国、台湾、インドネシアおよびその他のアジアにおける独占的権利となり、田辺三菱製薬は、2010年中には第1相試験を始める予定です。


 両社は、田辺三菱製薬の研究開発力とエンヴィヴォ社の臨床試験データを活用し、アルツハイマー病や統合失調症に伴う認知障害を持つ患者さんに、有用な治療薬を速やかに提供できるよう協力していきたいと考えています。


 ( ご参考 )
 エンヴィヴォ社について

 同社は中枢神経系の低分子化合物の研究・開発に特化したバイオベンチャーで、EVP-6124以外にも、EVP-6124とは異なる作用機序のアルツハイマー治療薬の臨床試験を実施しており、数種の研究プログラムも有しています。

会社名 EnVivo Pharmaceuticals, Inc.
所在地 480 Arsenal Street, Building #1, Watertown, MA 02472, USA
設 立 2001年
代表者 Kees Been, President and Chief Executive Officer
従業員 約40名

ニュースリリース

Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ