開発パイプライン

2022年4月25日現在

新製品開発状況について[PDF:83.2 KB]

2022年5月13日発表 2021年度決算情報より

領域:
  • アジア:日本・中国を除く
領域 治験コード 予定適応症 開発段階(フェーズ)
123申請
地域
中枢神経
MP-214
双極性障害
申請
アジア
一般名
カリプラジン塩酸塩
薬剤分類(予定適応症など)
ドパミンD3/D2受容体パーシャルアゴニスト(双極性障害)
起源/導出先等
ゲデオンリヒター(ハンガリー)から導入
中枢神経
MT-0551
視神経脊髄炎スペクトラム障害: NMOSD
申請
アジア
製品名
ユプリズナ
一般名
イネビリズマブ
薬剤分類(予定適応症など)
ヒト化抗CD19モノクローナル抗体製剤(視神経脊髄炎スペクトラム障害: NMOSD)
起源/導出先等
ホライゾン・セラピューティクス(アイルランド)から導入
中枢神経
MT-0551
重症筋無力症
フェーズ3
日本
製品名
ユプリズナ
一般名
イネビリズマブ
薬剤分類(予定適応症など)
ヒト化抗CD19モノクローナル抗体製剤(重症筋無力症)
起源/導出先等
ホライゾン・セラピューティクス(アイルランド)から導入、共同開発(グローバル試験実施中)
中枢神経
MT-5199
遅発性ジスキネジア
申請
アジア
製品名
ジスバル
一般名
バルベナジントシル酸塩
薬剤分類(予定適応症など)
小胞モノアミントランスポーター2阻害剤(遅発性ジスキネジア)
起源/導出先等
ニューロクラインバイオサイエンシズ(米)から導入
中枢神経
MT-1186
筋萎縮性側索硬化症:ALS/経口懸濁剤
申請
米国、日本 *
一般名
エダラボン
薬剤分類(予定適応症など)
フリーラジカル消去剤(筋萎縮性側索硬化症:ALS/経口懸濁剤)
起源/導出先等
自社創製品 * 米国、日本等で承認申請(他の国の開発段階はフェーズ 3)
中枢神経
MT-210
統合失調症
フェーズ3
米国、欧州
薬剤分類(予定適応症など)
セロトニン2A / シグマ2 受容体拮抗剤(統合失調症)
起源/導出先等
ミネルバ・ニューロサイエンス(米)へ導出
中枢神経
ND0612
パーキンソン病
フェーズ3
グローバル
一般名
レボドパ/カルビドパ
薬剤分類(予定適応症など)
持続皮下注投与ポンプ製剤(パーキンソン病)
起源/導出先等
自社創製品
中枢神経
MT-8554
末梢性神経障害性疼痛
フェーズ2
日本
薬剤分類(予定適応症など)
TRPM8遮断剤(末梢性神経障害性疼痛)
起源/導出先等
自社創製品
中枢神経
MT-8554
更年期に伴う血管運動神経症状
フェーズ2
グローバル
薬剤分類(予定適応症など)
TRPM8遮断剤(更年期に伴う血管運動神経症状)
起源/導出先等
自社創製品
中枢神経
MT-3921
脊髄損傷
フェーズ2
グローバル
薬剤分類(予定適応症など)
抗RGMa抗体(脊髄損傷)
起源/導出先等
大阪大学(日)と共同開発
免疫炎症
MT-5547
変形性関節症
フェーズ2/フェーズ3
日本
一般名
ファシヌマブ
薬剤分類(予定適応症など)
完全ヒト型抗ヒトNGFモノクローナル抗体製剤(変形性関節症)
起源/導出先等
リジェネロン(米)から導入
免疫炎症
MT-7117
赤芽球性プロトポルフィリン症、X連鎖性プロトポルフィリン症
フェーズ3
グローバル
一般名
デルシメラゴン
薬剤分類(予定適応症など)
選択的メラノコルチン1受容体作動剤(赤芽球性プロトポルフィリン症、X連鎖性プロトポルフィリン症)
起源/導出先等
自社創製品
免疫炎症
MT-7117
全身性強皮症
フェーズ2
グローバル
一般名
デルシメラゴン
薬剤分類(予定適応症など)
選択的メラノコルチン1受容体作動剤(全身性強皮症)
起源/導出先等
自社創製品
免疫炎症
MT-0551
IgG4関連疾患
フェーズ3
日本
製品名
ユプリズナ
一般名
イネビリズマブ
薬剤分類(予定適応症など)
ヒト化抗CD19モノクローナル抗体製剤(IgG4関連疾患)
起源/導出先等
ホライゾン・セラピューティクス(アイルランド)から導入、共同開発(グローバル試験実施中)
免疫炎症
MT-2990
子宮内膜症
フェーズ2
グローバル
薬剤分類(予定適応症など)
完全ヒト型抗インターロイキン-33(IL-33)モノクローナル抗体製剤(子宮内膜症)
起源/導出先等
自社創製品
ワクチン
MT-2355
小児における百日せき、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎およびHib感染の予防
申請
日本
薬剤分類(予定適応症など)
5種混合ワクチン(小児における百日せき、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎およびHib感染の予防)
起源/導出先等
阪大微生物病研究会(日)と共同開発
ワクチン
MT-2766
新型コロナウイルス感染症の予防
フェーズ3
グローバル *
薬剤分類(予定適応症など)
植物由来VLPワクチン(新型コロナウイルス感染症の予防)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品 * カナダで承認(他の国の開発段階はフェーズ 3)
ワクチン
MT-8972
インフルエンザ[H5N1]の予防
フェーズ2
カナダ
薬剤分類(予定適応症など)
植物由来VLPワクチン(インフルエンザ[H5N1]の予防)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品
ワクチン
MT-7529
インフルエンザ[H7N9]の予防
フェーズ1
薬剤分類(予定適応症など)
植物由来VLPワクチン(インフルエンザ[H7N9]の予防)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品
ワクチン
MT-5625
ロタウイルス胃腸炎の予防
フェーズ1
薬剤分類(予定適応症など)
植物由来VLPワクチン(ロタウイルス胃腸炎の予防)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品
ワクチン
MT-2654
季節性インフルエンザの予防/高齢者
フェーズ1
薬剤分類(予定適応症など)
アジュバント添加植物由来VLPワクチン(季節性インフルエンザの予防/高齢者)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品
その他
MP-513
2型糖尿病
申請
アジア
製品名
テネリア
一般名
テネリグリプチン臭化水素酸塩水和物
薬剤分類(予定適応症など)
DPP-4阻害剤(2型糖尿病)
起源/導出先等
自社創製品
その他
TA-7284
2型糖尿病を伴う慢性腎臓病
申請
日本
製品名
カナグル/インヴォカナ
一般名
カナグリフロジン水和物
薬剤分類(予定適応症など)
SGLT2阻害剤(2型糖尿病を伴う慢性腎臓病)
起源/導出先等
自社創製品
その他
MT-6548
腎性貧血
申請
アジア
製品名
バフセオ
一般名
バダデュスタット
薬剤分類(予定適応症など)
低酸素誘導因子プロリン水酸化酵素阻害剤(腎性貧血)
起源/導出先等
アケビア(米)から導入
その他
MT-4580
二次性副甲状腺機能亢進症
フェーズ3
中国、アジア
製品名
オルケディア
一般名
エボカルセト
薬剤分類(予定適応症など)
カルシウム受容体作動剤(二次性副甲状腺機能亢進症)
起源/導出先等
協和キリン(日)へ導出
その他
MT-2765
高血圧症
フェーズ3
中国
薬剤分類(予定適応症など)
レニン阻害剤(高血圧症)
起源/導出先等
上海医薬集団(中)へ導出
その他
MT-8633/ TR1801-ADC
固形がん
フェーズ1
薬剤分類(予定適応症など)
抗c-Met抗体薬物複合体(固形がん)
起源/導出先等
自社創製品 Open Innovation Partners(日)と協業

該当領域の開発状況はありません。

領域を選択してください。

  • アジア:日本・中国を除く
治験コード 予定適応症 前回発表 2022年4月25日現在
開発段階(フェーズ)
123申請承認
地域 開発段階(フェーズ)
123申請承認
地域
MP-214
双極性障害
申請
アジア
承認
タイ
一般名
カリプラジン塩酸塩
薬剤分類(予定適応症など)
ドパミンD3/D2受容体パーシャルアゴニスト(双極性障害)
起源/導出先等
ゲデオンリヒター(ハンガリー)から導入
MT-5199
遅発性ジスキネジア
申請
日本
承認
日本
製品名
ジスバル
一般名
バルベナジントシル酸塩
薬剤分類(予定適応症など)
小胞モノアミントランスポーター2阻害剤(遅発性ジスキネジア)
起源/導出先等
ニューロクラインバイオサイエンシズ(米)から導入
MT-2766
新型コロナウイルス感染症の予防
申請
カナダ
承認
カナダ *
薬剤分類(予定適応症など)
植物由来VLPワクチン(新型コロナウイルス感染症の予防)
起源/導出先等
メディカゴ(カナダ)品 * カナダで承認(他の国の開発段階はフェーズ 3)
MT-1186
筋萎縮性側索硬化症:ALS/経口懸濁剤
申請
米国
申請
米国、日本 **
一般名
エダラボン
薬剤分類(予定適応症など)
フリーラジカル消去剤(筋萎縮性側索硬化症:ALS/経口懸濁剤)
起源/導出先等
自社創製品 ** 米国、日本等で承認申請(他の国の開発段階はフェーズ 3)
MT-2355
小児における百日せき、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎およびHib感染の予防
フェーズ3
日本
申請
日本
薬剤分類(予定適応症など)
5種混合ワクチン(小児における百日せき、ジフテリア、破傷風、急性灰白髄炎およびHib感染の予防)
起源/導出先等
阪大微生物病研究会(日)と共同開発

このサイトでは、より良いコンテンツの提供を目的にクッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることでクッキーの使用に同意したことになります。
プライバシーポリシー