外部からの評価

サステナビリティに関する評価

「イクメン企業アワード2018両立支援部門」特別奨励賞を受賞

育児を積極的に行う男性=「イクメン」を応援し、男性の育児休業取得を促進する厚生労働省の「イクメンプロジェクト」の一環として、働きながら安心して子どもを産み育てることができる労働環境の整備推進を目的に、模範となる企業や個人を表彰するものです。当社は、両立支援部門において、特別奨励賞を受賞しました。

イクメン企業アワード2018

「次世代育成支援対策推進法」認定マークを取得

2005年に施行された「次世代育成支援対策推進法」に基づいて従業員の子育てをサポートする行動計画を策定した企業のうち、計画目標を達成し、一定の基準を満たした企業は厚生労働大臣の認定を受けることができます。この認定を受けた企業の証が、「くるみんマーク」です。当社は、2007年以降、6期連続で認定されています。また、「くるみん」認定を既に受けた企業のうち、より高い水準の取組を行っている企業が認定される「プラチナくるみん」に、2019年7月、認定されました。

「次世代育成支援対策推進法」認定マーク

「えるぼし」認定マークを取得

2016年に施行された「女性活躍推進法」に基づいて女性従業員の活躍を推進する行動計画を策定した企業のうち、取り組み状況が優良な企業は厚生労働大臣の認定を受けることができます。この認定を受けた企業の証が、「えるぼしマーク」です。当社は、2016年に女性活躍推進法に基づく認定「えるぼし」の最高位を取得しています。

「えるぼし」認定マーク

「健康経営優良法人~ホワイト500~」に選定

経済産業省が2016年に創設した「健康経営優良法人認定制度」は、優良な健康経営を実践している企業や団体を顕彰する制度です。その中でも「ホワイト500」は、保険者と連携して優良な健康経営を実践している大規模法人を対象に、日本健康会議と共同で2020年までに500社認定し、健康経営を実践する法人の拡大を図ることを目的としています。当社は、2017年より4年連続で選定されました。

「大阪市女性活躍リーディングカンパニー」認証を取得

大阪市は、女性にとって働きやすい環境の整備に積極的に取り組む企業や団体を一定の基準に則り毎年認証しています。当社は、2016年に認証を取得しました。

大阪市女性活躍リーディングカンパニー

第3回「女性活躍パワーアップ大賞」優秀賞を受賞

公益財団法人 日本生産性本部は女性の活躍推進・生産性向上をめざし、独自性ある創意工夫された取り組みを行っている組織を広く表彰しています。当社は2018年6月、優秀賞を受賞しました。

第3回「女性活躍パワーアップ大賞」優秀賞

LGBTに関する「PRIDE指標」においてゴールド受賞

2016年に任意団体 work with Prideが策定した、日本ではじめての企業・団体などにおけるLGBTなどのセクシャルマイノリティに関する取り組みの評価指標。当社は、「PRIDE指標2019」において、ゴールドを受賞しました。

PRIDE指標

「がん対策推進パートナー賞(治療と仕事の両立部門)」を受賞

2020年3月、当社の両立支援制度について、個々の事例に柔軟に対応していることが評価され、厚生労働省の委託事業である「がん対策推進企業アクション」の「がん対策推進パートナー賞(治療と仕事の両立部門)」を受賞しました。

「第22回環境コミュニケーション大賞」環境報告書部門 優良賞

製品・技術に関する評価

「第3回日本医療研究開発大賞/内閣総理大臣賞」を受賞

2020年1月、当社は、「SGLT2の分子同定とその阻害剤の開発」が評価され、大阪大学金井教授とともに、「日本医療研究開発大賞/内閣総理大臣賞」を受賞しました。
日本政府が主催する日本医療研究開発大賞は、医療分野の研究開発の推進に多大な貢献をした事例に関して、功績を称え国民の関心と理解を深めるとともに、研究者等のインセンティブを高めるための賞です。内閣総理大臣賞はその中でも極めて顕著な功績が認められる事例に授与されています。

第48回日本産業技術大賞 内閣総理大臣賞を受賞

2019年4月、当社と三井製糖および藤多京都大学名誉教授の共同研究により創製された「多発性硬化症治療薬フィンゴリモド塩酸塩」が、日刊工業新聞社主催の第48回日本産業技術大賞において、最高賞である「内閣総理大臣賞」を受賞しました。
日本産業技術大賞は、産業・社会の発展に顕著な成果を上げた研究開発・実用化技術を顕彰するものです。

第51回市村産業賞の本賞を受賞

2019年4月、当社が創製したカナグリフロジンが、第51回市村産業賞において、「本賞」を受賞しました。
市村産業賞(主催:公益財団法人市村清新技術財団)は、優れた国産技術を開発することで、産業分野の発展に貢献・功績のあった技術開発者またはグループに贈呈されており、本賞は最高位にあたります。

平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰の科学技術賞(開発部門)を受賞

2019年4月、当社が創製したテネリグリプチンにおける「純国産新規DPP4阻害剤の発明と開発」が評価され、平成31年度 科学技術分野の文部科学大臣表彰において、「科学技術賞(開発部門)」を受賞しました。
科学技術分野の文部科学大臣表彰(主催:文部科学省)は、科学技術に携わる者の意欲の向上を図り、日本の科学技術の水準向上に寄与することを目的とした顕彰です。

日本薬学会医薬化学部会賞を受賞

2019年11月、当社が創製した二次性副甲状腺機能亢進症治療薬「エボカルセト」が、日本薬学会医薬化学部会賞を受賞しました。日本薬学会医薬化学部会賞(主催:公益社団法人日本薬学会医薬化学部会)は、創薬の発展に寄与するブレークスルーの内容を含む研究成果をあげた研究者を対象に、「新規な化学構造を有する薬物もしくは生物活性化合物に関する独創的な研究成果」・「新規な技術や方法等で創薬研究に寄与する独創的な研究成果」に対して授与されます。

2019年度 グッドデザイン賞を受賞

2019年10月、医療用医薬品「シンポニー®皮下注50㎎オートインジェクター」が、2019年度グッドデザイン賞(主催:公益財団法人日本デザイン振興会)を受賞しました。グッドデザイン賞は、1957年に創設された日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の仕組みです。世界的なデザイン賞として、暮らしの質の向上を図るとともに、社会課題の解決にデザインを活かすことを目的に、毎年実施されています。受賞のシンボルである「Gマーク」は優れたデザインの象徴として広く親しまれています。

2019年度 グッドデザイン賞を受賞

第32回「ヒット商品賞・話題商品賞(医薬品・指定医薬部外品部門)」のハングオーバー対策賞を受賞

2020年6月、一般用医薬品「ウルソウコン」が、第32回「ヒット商品賞・話題商品賞(医薬品・指定医薬部外品部門)」(主催:株式会社ドラッグマガジン、八千代会)のハングオーバー(意味:2日酔い)対策賞を受賞しました。当社は、第29回より4年連続の「ヒット商品賞・話題商品賞」受賞となりました。