環境 環境マネジメント

環境安全マネジメントに関する基本姿勢

田辺三菱製薬グループは、「企業行動憲章」と「コンプライアンス行動宣言」に基づき、事業活動の基本的な考え方と取り組み方針を示すものとして、「企業行動指針(コード・オブ・コンダクト)」ならびに「環境安全ポリシー」を制定しています。
これらの指針とポリシーに則り、事業活動のあらゆる面で「環境・安全・健康」に配慮した活動を推進し、継続的な環境負荷の低減を図っています。また、社会に対して積極的に環境情報を開示し、ステークホルダーとの対話を通じ、コミュニケーションを促進しています。

環境安全に関する企業行動指針
安全は何ものにも優先するという原則に則り、職場における災害の防止に努めるとともに、事故・災害などの不測の事態に対する十分な対策・準備を講じます。
また、企業活動を行ううえで継続的に環境負荷の低減に努め、地域社会の環境保護活動に積極的に協力します。
環境安全ポリシー

田辺三菱製薬グループは、国際創薬企業として社会から信頼される企業をめざし、地球環境の保護と人々の安全の確保に積極的に取り組みます。

  1. 1すべての企業活動において、環境に与える影響を評価し、継続的に環境負荷を低減します。
  2. 2ともに働くすべての人の安全への配慮を優先し、労働災害を防止します。
  3. 3環境安全活動において明確な目標を定め、その達成のために効果的な推進体制を維持改善します。
  4. 4環境安全に関わる法規制遵守はもとより、社内外で取り決めたさらに高いレベルの管理基準に基づいた活動を推進します。
  5. 5従業員一人ひとりの環境安全に対する意識を高めるため、計画的に教育訓練を行います。
  6. 6環境安全に関する情報を積極的に開示し、社会とのコミュニケーションを深めます。
  7. 7地域社会の環境・防災活動に参画し、積極的に協力するとともに、事故・災害などの不測の事態に備え対策を講じ、その影響を最小限にとどめます。

環境コンプライアンス

当社グループでは、役員や従業員一人ひとりが実践すべきコンプライアンス行動規範として、「地球環境の保護に積極的に取り組み、社会との共生を図る」ことを宣言しています。
具体的には、事業活動のあらゆる面で、温室効果ガス排出量削減・省エネルギーの推進、省資源・資源循環の推進、廃棄物の削減、地域社会の環境・防災活動への参画・協力などに努め、脱炭素社会・循環型社会への移行、地球環境の保護を進め、持続可能な社会を実現するため主体的に取り組みます。
また、全社的な環境安全管理推進体制を構築し、環境安全管理に関する目的・目標を設定・共有し、すべての事業所で計画の策定・実施・運用・見直しを展開することにより、継続的な環境負荷の低減を図ります。環境・安全面のリスク管理を徹底し、万一問題が発生した場合には、迅速かつ的確に対応します。

環境マネジメント推進体制

当社は、社長執行役員を統括者とする環境安全管理推進体制を構築し、環境経営を推進しています。
社長執行役員を責任者とし、経営執行会議メンバーから構成される「環境安全委員会」を定期的に開催しています。当委員会では、環境安全に関わる重要事項や中長期・年次方針、活動目標を審議・決定し、審議内容は取締役会へ報告されます。
また、環境安全担当執行役員を責任者とし、各部門責任者および国内外グループ関係会社社長で構成される「環境安全連絡協議会」を定期的に開催しています。当協議会では環境安全に関わる活動や実行計画の詳細を十分に議論・検討し、重要事項や方針決定に関わる案件について環境安全委員会へ付議します。
さらに、グループ全体の環境安全を統括する部署として、コーポレート組織に総務部環境安全室を設置し、経営層や現場との密接な連携を通じた現場力の強化と安全文化の醸成を支援、環境安全に関わる事故の再発防止・未然防止に取り組んでいます。

環境安全管理推進体制
環境安全管理推進体制

ISO14001認証取得状況

当社グループの国内および海外の生産7拠点のうち、5拠点がISO14001の認証を取得しています。なお、ISO14001の認証を取得していない生産・研究拠点では、ISO14001に準じた自社環境マネジメントシステムを構築し、適切に運用しています。

ISO14001認証取得工場

会社名 拠点名 初回認証取得年
田辺三菱製薬工場 小野田工場 1998年
吉富工場 2001年
ミツビシ タナベ ファーマ インドネシア バンドン工場 2004年
天津田辺製薬 本社工場 2010年
ミツビシ タナベ ファーマ コリア 郷南工場 2014年

環境監査

当社グループでは、国内外の生産・研究拠点における環境管理や環境コンプライアンス遵守状況ならびに環境保全活動が適法・適正に行われていることを確認するため、環境管理統括部門による環境監査を定期的に実施しています。
本監査では、社内規則類への対応状況および環境関連施設(廃棄物保管施設、排水処理施設、排ガス発生施設等)の管理状況等を社内チェックシートに基づき確認しています。また、監査での指摘事項については、改善計画書と改善報告書の提出を求め、次回監査で対応状況を確認しています。なお、海外拠点の環境監査に関しては、立地する国・地域の法令や規則に精通した外部専門機関によるEHS遵法監査も定期的に実施することで、その実効性を担保しています。

2020年度の環境監査は、国内は5拠点(横浜事業所、加島事業所、湘南事業所、小野田工場、吉富工場)、海外は3拠点(天津田辺製薬、台湾田辺製薬、ミツビシ タナベ ファーマ コリア)にて実施しました。
新型コロナウイルス感染拡大の状況下で、監査員と被監査員との接触を避けることを優先し、国内4拠点と海外2拠点では原則としてweb会議システムを用いたリモート監査を実施しました(吉富工場および台湾田辺製薬は監査人による現地確認を実施)。
監査の結果、国内外拠点ともに軽微な指摘事項はありましたが、重大な法令違反や環境リスクにつながる指摘はありませんでした。また、前回監査の指摘事項への対応状況については、国内拠点ではすべて適正に改善されていました。海外拠点においても概ね改善を確認しましたが、一部は次回の監査にて継続して確認を行います。

国内監査における重点確認項目

  • 環境に関する拠点の規定・要領等の確認
  • フロン機器管理の改善状況
  • 環境負荷削減に向けた拠点の計画
田辺三菱製薬工場(吉富工場)における環境監査
(2021年2月)

環境教育

当社グループでは、環境コンプライアンスの徹底をめざし、環境への関与レベルに応じた環境教育研修を企画し、実施しています。
環境法令に関しては各拠点の環境管理業務担当者を対象に年2回の教育を行っています。また、新入社員に対する環境研修を年1回実施しています。さらに、環境管理業務担当者は資格取得や外部講習会を積極的に受講し、環境管理の専門スキルや知識の維持・向上に努めています。

2020年度の主な研修実績

環境法令研修
受講者
国内グループ拠点の環境管理担当者
実施時期
2020年9月
内容
環境法令の概要と動向
環境セミナー
受講者
国内生産拠点の環境管理担当者
実施時期
2020年11月
内容
気候変動・水・プラスチックに関する社外動向
廃棄物担当者研修
受講者
国内グループ拠点の廃棄物管理担当者
実施時期
2020年12月
内容
廃棄物処理法の規制と廃棄物管理業務

環境事故・環境法令違反の発生状況

当社グループの環境事故および重大な環境法令違反発生状況を表に示します。当社グループでは、4年連続で環境事故および重大な環境関連法令違反が発生していません。

環境事故および重大な環境関連法令違反の発生状況 

年度 発生件数 内容
2015 1 食堂厨房からの食用油の流出による排水基準逸脱
2016 1 遺伝子組み換え生物の不適切な使用
2017 0 -
2018 0 -
2019 0 -
2020 0 -