データ集

マネジメント

記載項目 掲載データ
2020年度 2019年度 2018年度
人権の尊重
人権に対する考え方と取り組み      
人権啓発への取り組み      
└ 人権標語の応募作品数 541作品 521作品 608作品
└人権啓発推進委員会
└ 本部委員 12人 11人 10人
└ 地域別・地区別委員 17人 18人 18人
コンプライアンス
コンプライアンス推進体制      
コンプライアンス推進責任者・担当者数 157人 143人 139人
コンプライアンス推進責任者・担当者との会議の回数 半期に1回 半期に1回 半期に1回
コンプライアンス研修      
コンプライアンス研修実施一覧      
└ 全社共通研修      
└ 実施回数 年1回 年1回 年1回
└ 受講者数 4,676人 5,003人 5,376人
└ 部門別研修      
└ 実施回数 年1回 年1回 年1回
└ 受講者数 4,735人 4,889人 5,385人
└ トップセミナー      
└ 実施回数 年1回 年1回 年1回
└ 受講者数 13人 15人 14人
└ 新入社員研修      
└ 実施回数 年2回 年2回 年2回
└ 受講者数 4月:16人
8月:3人(MRのみ)
4月:29人
8月:15人(MRのみ)
4月:70人
8月:35人(MRのみ)
└ 理解度チェック      
└ 実施回数 年2回 年2回 年2回
└ 受講者数 7月:4,735人
2月:4,664人
7月:5,049人
2月:4,876人
7月:5,300人
2月:5,137人
ホットラインの設置      
ホットライン対応件数      
└ 職場環境 13件 17件 9件
└ 処遇人事 3件 4件 2件
└ 横領背任 0件 1件 0件
└ 法令規則 3件 10件 4件
└ その他 3件 5件 7件
└ 合計 22件 37件 22件
リスクマネジメント
事業活動に伴うリスク管理      
リスクマネジメント委員会の回数 年1回 年2回 年2回

ページトップに戻る

環境

記載項目 掲載データ
2020年度 2019年度 2018年度
環境マネジメント
ISO14001認証取得状況      
ISO14001 認証サイト数      
└ 国内 2 2 2
└ 海外 3 3 3
目標と取り組み
環境中期行動計画16-20の達成状況      
CO2排出量基準年度比削減率(2010年度比)      
└ 国内 55% 47% 40%
└ グローバル 46% 40% 32%
フロン類      
└ 破壊量(国内) 1,416kg 1,989kg 417kg
└ 漏えい量(国内) 67kg
(117 t-CO2eq)
22kg
(40 t-CO2eq)
118kg
(350 t-CO2eq)
廃棄物発生量前年度比削減率(国内) -36% 1.6% 53%
廃棄物最終処分率(国内) 0.26% 0.72% 0.59%
水使用量基準年度比削減率(2010年度比)      
└ 国内 41% 32% 45%
└ グローバル 43% 34% 46%
化学物質の環境排出量(大気および公共用水域)削減率      
└ PRTR対象物質(前年度比) -2% 57% 5%
└ VOC(PRTR対象物質を除く)(前年度比) -7% 13% 4%
トルエンの環境排出量削減率(2010年度比) 65% 76% 32%
環境監査実施事業所数      
└ 国内 5事業所 5事業所 6事業所
└ 海外 3拠点 1拠点 3拠点
環境事故件数 0件 0件 0件
環境事故・トラブルおよび環境関連法規遵守状況      
環境事故等件数 0件 0件 0件
環境違法罰金額 0円 0円 0円
マテリアルバランス
Input
エネルギー      
└ 国内 79,359MWh 90,566MWh 95,230MWh
└ 海外 27,283MWh 24,007MWh 23,413MWh
└ グローバル 106,642MWh 114,573MWh 118,643MWh
ガス類      
└ 国内 5,680千m3 7,230千m3 7,522千m3
└ 海外 1,877千m3 1,721千m3 2,047千m3
└ グローバル 7,557千m3 8,951千m3 9,569千m3
油類      
└ 国内 3,632KL 4,096kL 4,522kL
└ 海外 66KL 57kL 62kL
└ グローバル 3697KL 4,153kL 4,584kL
熱量換算      
└ 国内 1,166千GJ 1,361千GJ 1,436千GJ
└ 海外 359千GJ 319千GJ 323千GJ
└ グローバル 1,525千GJ 1,680千GJ 1,759千GJ
     
上水・工業用水      
└ 国内 4,368千m3 5,157千m3 4,269千m3
└ 海外 103千m3 89千m3 106千m3
└ グローバル 4,471千m3 5,246千m3 4,375千m3
河川水      
└ 国内 750千m3 728千m3 513千m3
└ 海外 0千m3 0千m3 0千m3
└ グローバル 750千m3 728千m3 513千m3
地下水      
└ 国内 13千m3 46千m3 10千m3
└ 海外 7千m3 12千m3 15千m3
└ グローバル 20千m3 58千m3 25千m3
化学物質      
PRTR対象物質      
└ 国内 91 t 86 t 144 t
└ 海外 1 t 1 t 1 t
└ グローバル 92 t 87 t 145 t
VOC(PRTR対象物質を除く)      
└ 国内 886 t 936 t 833 t
└ 海外 31 t 20 t 23 t
└ グローバル 917 t 956 t 856 t
Output
大気      
温室効果ガス      
└ 国内 59 千t-CO2eq 71 千t-CO2eq 80 千t-CO2eq
└ 海外 17 千t-CO2eq 15 千t-CO2eq 16 千t-CO2eq
└ グローバル 76 千t-CO2eq 85 千t-CO2eq 96 千t-CO2eq
NOx      
└ 国内 7.0 t 7.4 t 12.2 t
└ 海外 1.1 t 1.5 t 2.1 t
└ グローバル 8.1 t 8.9 t 14.3 t
SOx      
└ 国内 2.3 t 3.0 t 3.2 t
└ 海外 0.6 t 0.3 t 0.3 t
└ グローバル 2.9 t 3.3 t 3.5 t
ばいじん      
└ 国内 0.1 t 0.1 t 0.2 t
└ 海外 0.1 t 0.0 t 0.0 t
└ グローバル 0.2 t 0.1 t 0.2 t
PRTR対象物質      
└ 国内 1.5 t 1.2 t 3.2 t
└ 海外 0.0 t 0.0 t 0.0 t
└ グローバル 1.5 t 1.2 t 3.2 t
VOC(PRTR対象物質を除く)      
└ 国内 29.8 t 27.5 t 32.1 t
└ 海外 10.7 t 15.7 t 7.5 t
└ グローバル 40.5 t 43.2 t 39.6 t
排水      
排水量      
└ 国内 4,915千m3 5,555千m3 4,637千m3
└ 海外 83千m3 67千m3 68千m3
└ グローバル 4,998千m3 5,622千m3 4,705千m3
BOD負荷量      
└ 国内 6.3 t 8.6 t 8.4 t
└ 海外 0.1 t 0.1 t 0.0 t
└ グローバル 6.4 t 8.6 t 8.4 t
COD負荷量      
└ 国内 14.6 t 13.4 t 10.2 t
└ 海外 0.2 t 0.2 t 0.1 t
└ グローバル 14.8 t 13.6 t 10.3 t
窒素      
└ 国内 4.6 t 5.9 t 5.2 t
└ 海外 0.0 t 0.0 t 0.0 t
└ グローバル 4.6 t 5.9 t 5.2 t
リン      
└ 国内 0.4 t 0.4 t 0.3 t
└ 海外 0.0 t 0.0 t 0.0 t
└ グローバル 0.4 t 0.4 t 0.3 t
PRTR対象物質      
└ 国内 0.1 t 0.4 t 0.5 t
└ 海外 0.2 t 0.2 t 0.0 t
└ グローバル 0.4 t 0.6 t 0.5 t
VOC(PRTR対象物質を除く)      
└ 国内 12.6 t 12.3 t 13.8 t
└ 海外 6.6 t 0.7 t 7.9 t
└ グローバル 19.2 t 12.9 t 21.7 t
廃棄物      
発生量
└ 国内 7,726 t 5,665 t 5,768 t
└ 海外 864 t 842 t 783 t
└ グローバル 8,590 t 6,506 t 6,551 t
排出量
└ 国内 2,184 t 2,375 t 2,385 t
└ 海外 835 t 815 t 764 t
└ グローバル 3,019 t 3,190 t 3,149 t
最終処分量
└ 国内 20 t 41 t 34 t
└ 海外 436 t 361 t 350 t
└ グローバル 456 t 402 t 384 t
気候変動への対応
温室効果ガス排出量の削減      
温室効果ガス排出量(事業所エネルギー、社有車エネルギー、漏洩フロン由来)
└ 国内 59 千t-CO2eq 71 千t-CO2eq 80 千t-CO2eq
└ 海外 17 千t-CO2eq 15 千t-CO2eq 16 千t-CO2eq
└ グローバル 76 千t-CO2eq 85 千t-CO2eq 96 千t-CO2eq
原単位温室効果ガス排出量(拠点エネルギー、社有車燃料、フロン漏えい由来)
└ グローバル 0.200千t-CO2eq
/10億円
0.226千t-CO2eq
/10億円
0.226千t-CO2eq
/10億円
CO2排出量(拠点エネルギー由来)
└ 国内 56千t-CO2 66千t-CO2 75千t-CO2
└ 海外 17千t-CO2 15千t-CO2 16千t-CO2
└ グローバル 72千t-CO2 81千t-CO2 91千t-CO2
CO2排出量(拠点エネルギー由来)削減率(2010年度比)
└ 国内 55% 47% 40%
└ グローバル 46% 40% 32%
エネルギー使用量(拠点エネルギー由来)削減率(前年度比)
└ 国内 13.9% 4.8% 1.8%
└ 海外 -13.1% 1.2% -5.3%
└ グローバル 9.2% 4.1% 0.5%
サプライチェーン温室効果ガス排出比率
└ スコープ1 3.9% 4.4% 5.3%
└ スコープ2 7.1% 7.8% 9.9%
└ スコープ3 カテゴリ1 83.2% 76.5% 78.3%
└ スコープ3 カテゴリ2 2.9% 8.1% 3.9%
└ スコープ3 その他 2.8% 3.2% 2.8%
スコープ1温室効果ガス排出量
└ 国内拠点燃料由来 19.1 千t-CO2eq 22.7 千t-CO2eq 23.8 千t-CO2eq
└ 国内社有車燃料由来 3.1 千t-CO2eq 4.2 千t-CO2eq 4.7 千t-CO2eq
└ 国内拠点フロン漏えい由来 0.1 千t-CO2eq 0.04 千t-CO2eq 0.3 千t-CO2eq
└ 海外拠点燃料由来 4.4 千t-CO2eq 4 千t-CO2eq 4.5 千t-CO2eq
└ 合計 26.7 千t-CO2eq 30.9 千t-CO2eq 33.4 千t-CO2eq
スコープ2温室効果ガス排出量
└ 国内拠点買電由来 36.6 千t-CO2eq 43.7 千t-CO2eq 51.4 千t-CO2eq
└ 海外拠点買電由来 12.2 千t-CO2eq 11.3 千t-CO2eq 11.2 千t-CO2eq
└ 合計 48.8 千t-CO2eq 55.0 千t-CO2eq 62.6 千t-CO2eq
スコープ3温室効果ガス排出量
└ カテゴリ1
(購入した製品・サービス)
571.91 千t-CO2eq 540.64 千t-CO2eq 495.57 千t-CO2eq
└ カテゴリ2
(資本財)
20.21 千t-CO2eq 57.35 千t-CO2eq 24.43 千t-CO2eq
└ カテゴリ3
(スコープ1、2に含まれない燃料及びエネルギー関連活動)
12.98 千t-CO2eq 14.49 千t-CO2eq 10.06 千t-CO2eq
└ カテゴリ4
(輸送、配送(上流))
1.87 千t-CO2eq 2.39 千t-CO2eq 2.56 千t-CO2eq
└ カテゴリ5
(事業から出る廃棄物)
2.07 千t-CO2eq 2.07 千t-CO2eq 2.50 千t-CO2eq
└ カテゴリ6
(出張)
0.88 千t-CO2eq 0.91 千t-CO2eq 0.94 千t-CO2eq
└ カテゴリ7
(雇用者の通勤)
1.30 千t-CO2eq 2.12 千t-CO2eq 0.98 千t-CO2eq
└ カテゴリ12
(販売した製品の廃棄)
0.35 千t-CO2eq 0.39 千t-CO2eq 0.41 千t-CO2eq
エネルギー使用量の削減      
国内拠点エネルギー使用量 1,119 千GJ 1,229 千GJ 1,365 千GJ
国内社有車燃料エネルギー使用量 47 千GJ 62 千GJ 70 千GJ
海外拠点エネルギー使用量 359 千GJ 319 千GJ 323 千GJ
社有車の運用      
社有車台数 1,741台 1,709台 1,831台
└ ハイブリッド車 1,118台 1,145台 1,288台
└ 社有車燃料由来のCO2排出量 3,131 t-CO2 4,165 t-CO2 4,724 t-CO2
└ 社有車燃料由来のCO2排出量削減率(前年度比) 25% 12% 9%
水資源の取り組み
水資源の有効活用      
取水量(生産・研究拠点)
└国内 5,126 千m3 5,920 千m3 4,780 千m3
└海外 110 千m3 101 千m3 121 千m3
└グローバル(オフィス除く) 5,236 千m3 6,021 千m3 4,902 千m3
└国内取水量変化率(2010年度比) 59% 68% 55%
└海外取水量変化率(2010年度比) 26% 24% 28%
└グローバル取水量変化率(2010年度比) 57% 66% 54%
取水量(グローバル)
└ 上水・工業用水 4,471 千m3 5,246 千m3 4,375 千m3
└ 地表水(河川水、湖水等) 750 千m3 728 千m3 513 千m3
└ 地下水 20 千m3 58 千m3 25 千m3
└ 合計 5,242 千m3 6,032 千m3 4,913 千m3
排水量(グローバル)
└ 河川 4,204 千m3 4,759 千m3 4,001 千m3
└ 海 609 千m3 599 千m3 429 千m3
└ 下水道 185 千m3 264 千m3 275 千m3
└ 合計 4,998 千m3 5,622 千m3 4,705 千m3
廃棄物の削減/資源の循環
廃棄物の適正管理と削減      
廃棄物発生量・排出量(国内)
└ 廃棄物発生量 7,726 t 5,665 t 5,768 t
└ 廃棄物排出量 2,184 t 2,375 t 2,385 t
廃棄物最終処分量(国内)
└ 最終処分量 20 t 41 t 34 t
└ 最終処分率 0.26% 0.72% 0.59%
└ 処分率目標値 0.5% 0.5% 0.5%
環境汚染の防止
大気汚染の防止      
大気汚染物質排出量(国内)
└ NOx 7.0 t 7.4 t 12.2 t
└ SOx 2.3 t 3.0 t 3.2 t
└ ばいじん 0.1 t 0.1 t 0.2 t
水質汚濁の防止      
公共用水域への環境負荷(国内)
└ BOD 6.3 t 8.6 t 8.4 t
└ COD 14.6 t 13.4 t 10.2 t
└ 窒素 4.6 t 5.9 t 5.2 t
└ リン 0.4 t 0.4 t 0.3 t
PRTR対象物質およびVOC      
PRTR対象物質(国内)
└ PRTR取扱量 91 t 86 t 144 t
└ PRTR大気排出量 1.5 t 1.2 t 3.2 t
└ PRTR公共用水域排出量 0.1 t 0.4 t 0.5 t
VOC(PRTR対象物質を除く)(国内)
└ PRTR対象物質を除くVOC取扱量 886 t 936 t 833 t
└ PRTR対象物質を除くVOC大気排出量 29.8 t 27.5 t 32 t
└ PRTR対象物質を除くVOC公共用水域排出量 12.6 t 12.3 t 14 t
トルエン(国内)
└ 大気排出量 1.3 t 0.9 t 2.5 t
└ 公共用水域排出量 0.0 t 0.0 t 0.0 t
└ 排出量変化率(2010年度比) 35% 25% 68%
└ 変化率目標値 70% 70% 70%

横浜市地球温暖化対策計画書制度への取り組み

環境会計
環境会計      
環境保全コスト      
投資額      
└ 公害防止コスト 10百万円 106百万円 32百万円
└ 地球環境保全コスト 0百万円 2百万円 0百万円
└ 資源循環コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 上・下流コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 管理活動コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 研究開発コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 社会活動コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 環境損傷対応コスト 0百万円 0百万円 1百万円
└ 合計 10百万円 108百万円 33百万円
費用額      
└ 公害防止コスト 272百万円 293百万円 307百万円
└ 地球環境保全コスト 10百万円 10百万円 66百万円
└ 資源循環コスト 137百万円 153百万円 166百万円
└ 上・下流コスト 5百万円 0百万円 5百万円
└ 管理活動コスト 176百万円 162百万円 160百万円
└ 研究開発コスト 0百万円 0百万円 0百万円
└ 社会活動コスト 0百万円 0.5百万円 0百万円
└ 環境損傷対応コスト 7百万円 10百万円 9百万円
└ 合計 607百万円 629百万円 713百万円
環境保全効果      
地球環境保全      
└ GHGの排出量削減量 182t-CO2eq 367t-CO2eq 557t-CO2eq
└ 熱源設備(チラー)の増設(横浜事業所)      
└ 投資額 52百万円
└ 削減量(削減項目:都市ガス) 157t-CO2eq
└ 経済効果 4百万円
└ 排水処理設備の散気管の更新(吉富工場)      
└ 投資額 8百万円
└ 削減量(削減項目:電気) 11t-CO2eq
└ 経済効果 1百万円
└ ターボ冷凍機の配管ルート変更(小野田工場)      
└ 投資額 3百万円
└ 削減量(削減項目:電気) 14t-CO2eq
└ 経済効果 3百万円

ページトップに戻る

社会

患者さん・医療関係者の皆さまとともに

記載項目 掲載データ
2020年度 2019年度 2018年度
生産供給
医薬品の安定供給      
グループ工場
└ 国内 2ヵ所 2ヵ所 2ヵ所
└ 海外 4ヵ所 4ヵ所 4ヵ所
情報提供
MRによる情報提供と情報収集      
MR数(グループ国内) 約1,500人 約1,500人 約1,500人
MR数(グループ海外) 約590人 約580人 約600人
Webサイトを通じた情報発信      
健康支援サイト訪問者数 2,579万人 1,036万人 916万人
「くすり相談センター 」での情報提供      
くすり相談センターへの問い合わせ件数 45,773件 51,899件 61,859件

2018年度より一部製品の販売を他社に移管したため件数が減少。当社WebサイトQ&Aへのアクセスが増加傾向にある。

医薬品安全性/信頼性保証
医薬品・安全性教育      
医薬品・安全性研修(役員含む全従業員) 年1回 年1回 年1回
医療アクセス向上に関わる課題解決
研究開発の推進      
公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金
(GHIT Fund)への参画

従業員とともに

記載項目 掲載データ
2020年度 2019年度 2018年度
人材育成
人事の基本的な考え方      
従業員数(3月末)      
└ グループ 6,728人 6,987人 7,228人
└単体 3,383人 3,764人 4,111人
└ 男性 2,593人 2,840人 3,107人
└ 女性 790人 924人 1,004人
新卒採用数 ※翌年度4/1入社 20人 14人 29人
└ 男性 8人 7人 15人
└ 女性 12人 7人 14人
キャリア採用数 40人 19人 27人
└ 男性 31人 13人 21人
└ 女性 9人 6人 6人
派遣社員数 ※グループ(国内) 150人 132人 133人
従業員の平均年齢 45.3歳 46.0歳 45.9歳
従業員の平均勤続年数 19.7年 21.8年 20.7年
従業員離職率(自発的離職者のみ) ※グループ(国内) 1.98% 3.63% 1.79%
充実した研修体系の構築      
社内集合研修 年間平均時間(国内) 2.7時間 2.7時間 3.4時間
ダイバーシティの推進
多様な人材の活躍      
地域別従業員数      
└日本 4,529人 4,769人 5,112人
└北米 775人 763人 687人
└ EMEA(欧州、中東、アフリカ) 213人 216人 217人
└ アジア・オセアニア 1,211人 1,239人 1,212人
女性職員の係長相当以上・管理職への登用率 ※翌年度4/1時点      
└係長相当以上 16.9% 16.5% 16.4%
└管理職 11.9% 9.2% 8.5%
女性従業員比率 23.4% 23.2% 32.3%
障がい者活躍の支援      
障がい者雇用率 ※グループ(国内) 2.59% 2.24% 2.12%
多様な働き方を支援      
育児休業・育児短時間勤務制度使用実績 ※グループ(国内)      
└育児休業 196人 166人 277人
└ 男性 113人 125人 232人
└ 女性 83人 41人 45人
└ 育児短時間勤務 114人 128人 122人
介護休業・介護短時間勤務制度使用実績 ※グループ(国内)      
└介護休業 2人 2人 0人
└ 介護短時間勤務 1人 2人 2人
健全な労使関係の構築      
団体交渉権をもつ従業員の割合(3月末) ※グループ(国内) 73.9% 73.5% 72.3%
労働安全衛生
労働安全衛生への取り組み      
休業度数率(国内)      
└グループ(国内) 0.12 0.45 0.10
└(参考) 医薬品製造業平均 1.02 1.06 0.93
└(参考) 製造業平均 1.21 1.20 1.20
└ 請負会社 0.00 0.00 0.00
労働災害強度率※1 0.007675 0.012028 0.000085
労働災害による死亡者数 0人 0人 0人
従業員の健康管理      
時間外労働(年間360時間超人数) ※グループ(国内) 140人 135人 163人
有給休暇取得率 ※グループ(国内)      
└取得日数 15.2日 15.4日 14.5日
└取得率 70.7% 71.9% 67.8%
テレワーク実施率 52.9%
健康診断受診率 99.9% 99.3% 99.1%
ストレスチェック受検率 97.6% 96.2% 96.6%
従業員意識調査      
従業員意識調査の実施回数 未実施 年1回 年1回
└ 回答数 4,845人 5,121人
└ 回収率 96.60% 95.30%
  • ※1労働災害強度率:1,000延べ労働時間当たりの労働災害による労働損失日数を用いることで、労働災害の重さの程度を表す指標。(同数字が高いほど災害の程度は重い)

地域社会とともに

記載項目 掲載データ
2020年度 2019年度 2018年度
医療・福祉への貢献
難病の患者さんとその家族への支援      
難病患者団体への支援「田辺三菱製薬手のひらパートナープログラム」 15団体 19団体 21団体
助成金額合計 1,000万円 1,000万円 1,000万円
開発途上国への貢献      
TABLE FOR TWO(TFT)      
└ TFTメニューによる寄付給食数 2,246食 5,226食 5,643食
└ TFT自動販売機による寄付給食数 6,401食 9,775食 6,593食
ワクチン支援「せかワクぶっく」の参加      
└ 寄付金額 ※2017年度より会社マッチング 264,192円 187,222円 289,982円
└ ポリオワクチン概算 13,210人分 9,361人分 14,500人分
科学技術の発展
財団の支援事業      
先進医薬研究振興財団      
研究助成件数 106件 100件 102件
助成金額合計 13,700万円 13,300万円 13,500万円
日本応用酵素協会      
研究助成件数 148件 135件 132件
助成金額合計 7,430万円 7,380万円 7,300万円
地域コミュニティの振興
史料館来館者数
*2020年度より動画コンテンツ「バーチャルツアー」閲覧者含む
841人 6,152人 6,322人
吉富夏祭り来場者数 未実施 910人 2,211人
その他
社会貢献関連寄付額 918百万 1,063百万円 1,058百万円
ボランティア休暇取得者数 17人 20人 15人

ページトップに戻る

このサイトでは、より良いコンテンツの提供を目的にクッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることでクッキーの使用に同意したことになります。
プライバシーポリシー