中期経営計画 Open Up the Future

1.中期経営計画16-20の概要

田辺三菱製薬は、この中期経営計画において、「パイプライン価値最大化」「育薬・営業強化」「米国事業展開」「業務生産性改革」を未来を切り拓く4つの挑戦として設定し、「独自の価値を一番乗りでお届けする、スピード感のある企業」への変革を成し遂げます。

  1. (1)名称および期間

    名称: 中期経営計画16-20 Open Up the Future -医療の未来を切り拓く

    期間: 2016年4月~2021年3月(5年間)

  1. (2)キーコンセプト
    Open Up the Future 医療の未来を切り拓く

    医療品産業を取り巻く環境が急激に変化する中、我々は自ら道を切り拓き、
    「独自の価値を一番乗りでお届けする、スピード感のある企業」への変革を成し遂げます。

    Open Up the Future -医療の未来を切り拓く

    このキーコンセプトのもと、田辺三菱製薬は医療の未来を切り拓き、新たな医薬品の創製を通じて、世界の人々の健康に貢献します。

2.未来を切り拓く「4つの挑戦」

(1) パイプライン価値最大化

独自の価値を最速で創り出す

<研究開発プロセスの改革 + 医療と創薬技術の拡がり>

(2) 育薬・営業強化

独自の価値を患者さんにお届けする

<製品の価値最大化 + 営業プロモーションの強化>

(3) 米国事業展開

持続的成長基盤を構築する

<事業基盤の構築 + 製品ラインアップの構築>

(4) 業務生産性改革

スピード感ある組織風土と利益創造体質の実現

<コストの低減 + 人材の活躍>

3.数値計画

2017年度実績 2020年度目標 2023年度の経営数値(イメージ)
売上高 4,338億円 4,300億円 5,000億円超
コア営業利益 785億円 600億円 1,000億円超
親会社株主帰属純利益 579億円 400億円
研究開発費 790億円 850億円 800億円
海外売上高比率 26% 30%

数値は国際財務報告基準(IFRS)に基づいて計算しています。

ニュースリリース