田辺三菱製薬のニュースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者等への情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

ニュースリリース 田辺製薬吉城工場株式会社の株式譲渡契約締結に関するお知らせ

2019年2月4日

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:三津家 正之、以下「当社」)は、1月31日、当社連結子会社である田辺製薬吉城工場株式会社(本社:岐阜県飛騨市、代表取締役社長:余語 研二、以下「田辺製薬吉城工場」)をニプロファーマ株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:西田 健一、以下「ニプロファーマ」)へ譲渡することに合意し、ニプロファーマとの間で株式譲渡契約を締結いたしました。

  1. 1譲渡の理由

 当社は中期経営計画16-20において戦略課題のひとつである「業務生産性改革」の中で、生産機能については環境変化に柔軟で効率的に対応できる体制への転換を図るべく、生産拠点・技術機能の再編・集約を進めています。その一環として、今般、田辺製薬吉城工場をニプロファーマへ譲渡することに合意しました。
 田辺製薬吉城工場は当社の連結子会社として、1964年の設立以来、ローコストと柔軟性を特長に少量多品種の医薬品包装に対応する生産拠点として事業展開してきました。一方、ニプロファーマは医薬品受託製造で国内トップクラスの実績を持ち、注射剤、経口剤および外用剤などの多彩な医薬品を製造しています。今回の譲渡が医薬品包装で長年培った技術と経験を有する田辺製薬吉城工場がさらに発展することにつながると期待しています。

  1. 2譲渡の方法

 2019年4月1日付で、当社が保有する田辺製薬吉城工場の全株式をニプロファーマへ譲渡します。
 なお、現在、田辺製薬吉城工場で製造している当社製品は譲渡後も委託製造を継続します。

  1. 3譲渡価額

 両社の取り決めにより非開示とさせていただきます。

  1. 4譲渡の日程

2019年1月31日 株式譲渡契約を締結
2019年4月1日(予定) 田辺製薬吉城工場をニプロファーマへ譲渡

  1. 5譲渡対象会社の概要
会社名 田辺製薬吉城工場株式会社
本社所在地 岐阜県飛騨市古川町是重1丁目1番27号
代表者 代表取締役社長 余語 研二
資本金 4億円
売上収益 45億円(2017年度)
主な事業内容 医薬品の小分け包装
従業員数 71名(2018年3月末現在)
株主 田辺三菱製薬株式会社 100%
  1. 6譲渡先の概要
会社名 ニプロファーマ株式会社
本社所在地 大阪市中央区道修町2丁目2番7号
代表者 代表取締役社長 西田 健一
資本金 86億6,947万円
主な事業内容 医療用医薬品の製造及び販売、その輸出入
従業員数 2,785名(2018年3月末現在)
  1. 7業績に与える影響

当期の業績に与える影響はありません。

ニュース2019年に戻る