田辺三菱製薬のニュースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者等への情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

ニュースリリース COVID-19ワクチン開発に関するメディカゴとGSKとの提携 および第1相臨床試験の開始について

2020年7月8日

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野 裕明、以下、「当社」)は、連結子会社であるメディカゴ社(本社:カナダ ケベック市、代表取締役:ブルース クラーク)が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の予防をめざした植物由来のウイルス様粒子(VLP*)ワクチン(以下、「本ワクチン」)の開発において、グラクソスミスクライン社(本社:イギリス ロンドン、以下、「GSK」)と協業契約を締結した旨、発表しましたので、お知らせします。メディカゴ社は、7月中旬に、本ワクチンの第1相臨床試験を開始します。

 本提携では、メディカゴ社がCOVID-19に対応したVLPを作製し、GSKがアジュバントを提供します。アジュバントは、医薬品の効果を高めるまたは補助する目的で併用される物質で、ワクチンに添加することで、免疫反応を高めるとともに、1回の接種に必要な抗原量を減らすことで、ワクチンの生産数量を増やすことが期待されます。本ワクチン開発での協業を通して、より効果の高いワクチンを、より多くのみなさんにお届けしてまいります。また、本ワクチン開発での提携を踏まえて、両社は今後、COVID-19以外の感染症に対するワクチンの開発にも、両社の技術を利用することを検討していく予定です。

 7月中旬に開始を予定している本ワクチンの第1相臨床試験では、GSKのアジュバントまたはその他のアジュバントを添加し、3用量のグループにわけて、21日間隔で2回接種し、安全性と免疫原性を評価します。

 当社グループは、本ワクチンの開発におけるGSKとの提携を通し、喫緊の社会課題であるCOVID-19の感染予防に取り組みます。本ワクチンを一日も早くお届けできるよう取り組むことで、感染症予防により一層貢献してまいります。

  • *VLP=Virus Like Particle(ウイルス様粒子)

・メディカゴ社リリース(現地時間2020年7月7日付)
GSK and Medicago announce collaboration to develop a novel adjuvanted COVID-19 candidate vaccine.

VLPワクチンについて
ウイルス様粒子(Virus Like Particle)製造技術を用いた新規ワクチンです。VLPは、ウイルスと同様の外部構造を持ち、ワクチンとしての高い免疫獲得効果(有効性)が期待されることに加え、遺伝子情報を持たないため体内でウイルスの増殖がなく、安全性にも優れる有望なワクチン技術として注目されています。また、植物を使用したVLP製造技術により、短期間で大量生産が期待されます。

ニュース2020年に戻る