田辺三菱製薬のニュースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者等への情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

ニュースリリース Kolon Life Science社とのライセンス契約に関する仲裁判断のお知らせ

2021年1月14日

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野 裕明、以下「田辺三菱製薬」)は、Kolon Life Science社(本社:韓国 ソウル市、以下「KLS社」)とのライセンス契約に関し、2018年4月に、KLS社を相手方として、国際商業会議所(以下、ICC)国際仲裁裁判所(仲裁地:ソウル)に、契約締結一時金の返還等を求める仲裁の申立てを行っておりました。

 2021年1月11日、ICC国際仲裁裁判所より上記仲裁に係る仲裁判断を以下の通り受領しました。

■仲裁判断の要旨
仲裁廷は、KLS社に対し、当社へ、契約一時金相当である25億円(およびその利息金)、損害賠償として約1.3億円(およびその利息金)、仲裁費用約790万USドルを支払うよう命じました。


■今後の見通し
本仲裁判断の詳細な内容を精査し検討いたします。業績への影響に関しては、今後、影響があればその時点でお知らせいたします。


田辺三菱製薬株式会社 広報部

(お問合せ先)報道関係者の皆様 TEL:06-6205-5119

ニュース2021年に戻る