田辺三菱製薬のニュースは、当社関連の最新情報をステークホルダーの皆様にお伝えするために実施しています。医療用医薬品や開発品の情報を含む場合がありますが、報道関係者等への情報提供を目的としたものであり、これらはプロモーションや広告、医学的なアドバイス等を目的とするものではありません。

ニュースリリース 潰瘍性大腸炎を対象とした核酸医薬品「MT-5745(STNM01)」の開発中止および減損損失(非経常項目)発生のお知らせ

2021年5月12日

 田辺三菱製薬株式会社(本社:大阪市、代表取締役社長:上野 裕明、以下「田辺三菱製薬」)は、MT-5745 (STNM01、想定適応症:潰瘍性大腸炎)の開発中止に伴い、それに係る無形資産を2020年度決算において減損処理することになりましたので、お知らせします。

 当社は2017年度に、株式会社ステリック再生医科学研究所(以下、「ステリック社」)を買収し、STNM01(糖硫酸転移酵素15(CHST15)阻害siRNA、二本鎖RNA製剤)を取得しました。その後、当社開発品(MT-5745)として、潰瘍性大腸炎の本格的な臨床試験開始に向け、ステリック社のデータを補完するため、様々な非臨床試験を実施しましたが、十分な効果を確認できずプロジェクトの中止に至りました。また、これに伴い、MT-5745 に係る無形資産(仕掛研究開発費)について、減損損失(非経常項目)39億円を2020年度決算において計上しました。

 田辺三菱製薬グループは、病と向き合うすべての人に希望ある選択肢をお届けできるよう、これからも研究開発を進めてまいります。


田辺三菱製薬株式会社 コミュニケーションクロスローズ部

(お問合せ先)報道関係者の皆様 TEL:06-6205-5119

ニュース2021年に戻る