Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation. RECRUITING 2021RECRUITING 2021

TOP MESSAGE President & Representative Director Hiroaki Ueno, Ph.D.

既存医薬品の枠を超え、
一人ひとりの健康に貢献する企業へ。代表取締役社長上野 裕明

田辺三菱製薬の採用サイトをご覧いただき、ありがとうございます。
「医薬品の創製を通じて、世界の人々の健康に貢献します」という企業理念のもと、私たち田辺三菱製薬は日々事業を推進しています。

私たちは、これまでに2型糖尿病治療薬「カナグル/Invokana」や多発性硬化症治療薬「イムセラ/Gilenya」など、グローバル製品の創製に成功してきました。その独自の“創薬“力は、第3回日本医療研究開発大賞/内閣総理大臣賞など栄誉ある賞により評価され、日本の科学技術の発展に貢献してきました。また、薬の価値を高める“育薬”にも力を注ぎ、抗ヒトTNF-αモノクローナル抗体製剤「レミケード」は、関節リウマチやクローン病の患者さんのQOL(生活の質)を大きく改善してきました。

2001年に脳梗塞治療薬として発売された「ラジカット」は、2015年に国内で希少疾患である筋萎縮性側索硬化症(ALS:Amyotrophic Lateral Sclerosis)への追加承認を取得しました。2017年には、ALS治療薬(Radicava)としてFDAから承認を取得し、同疾患に対する22年ぶりとなる新薬になりました。また、当社にとっても米国自社販売展開の夢を叶える製品となりました。現在は、中枢神経領域、免疫炎症領域、ワクチンなどを中心に、ラジカヴァに続く製品の米国開発に挑んでおり、国内のみならず、グローバル市場でアンメット・メディカル・ニーズに向き合っています。

今、製薬業界を取り巻く環境は大きな変曲点を迎えており、革新と多様化がより一段と進んでいます。このような背景の中で、当社は2020年3月に、三菱ケミカルホールディングス(MCHC)の完全子会社となりました。医薬品、バイオテクノロジー、化学、デジタル技術の領域が重なり合う中、MCHCグループとしてシナジーを創出することで、当社は次なる段階へと成長の歩みを進めています。

当社の進むべき道は、人々の健康や医療の概念を拡げ、イノベーションを創出、そしてそれらを世界のみなさんにお届けすることにあります。当社の強みである医薬品の創製をさらに深めることに加え、既存医薬品の枠を超えた新しい機会を創出することに挑戦し、私たちは一人ひとりの患者さんや社会に資する価値の提供を目指してまいります。 みなさんの持つ新たな力を迎え、ともに健康、医療の未来に向かって挑戦していくことを心待ちにしています。