Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation. RECRUITING 2021RECRUITING 2021

Job 06

社員紹介

私がやりきったこと

患者さんに喜んでいただけたと実感できた時、なによりも大きなやりがいを感じる。

MR職

2006年入社 薬学部 薬学科卒

「おかげで患者さん、よくなったよ」という言葉を耳にすると、とても嬉しい。

就職活動では当初、保険薬剤師をめざしていましたが、活動の中でMRという職種を知る機会があり、興味が膨らみました。もともと人と接することは好きでしたし、医療関係者への医薬品情報の提供・収集・伝達を通じて最終的には患者さんに貢献でき、それが自分自身の評価にも結びつく仕事である点に魅力を感じました。
入社してから半年間、同期と共に新人MR導入教育研修を受け、自社製品の基礎知識やMRとしての基本を学びました。配属後も、新人MRフォロー研修、2年次研修など、成長に合わせて定期的に集合研修があり、同期の仲間と共にステップアップできる環境が整っていると感じています。
現在は、診療所が100軒ほどあるエリアを担当しています。診療所や薬局など1日10軒ほど訪問し、自社製品の紹介や医療に関する情報を提供しています。それぞれの先生のニーズに合った情報提供を心がけ、製品説明会や病診連携の会合、講演会などの企画・運営を行うこともあります。
私は、MRという仕事は、先生方との信頼関係を築けて初めてスタートラインに立てると考えています。そのために、迅速で的確なご要望対応や、タイムリーな情報提供を心がけるだけでなく、定期訪問の際は、お互いの他愛もない会話や情報のやりとりを重ねることも大切にしています。そのような活動で、先生に自社製品を診療の一助にしていただき、「おかげで患者さん、よくなったよ」などと声をかけていただくと、とても嬉しいです。
その一方で、MRとしてのむずかしさや悩みもあります。この仕事は全国転勤があり、私の初任地は縁もゆかりもない岩手県でした。最初の数か月はホームシックになり、毎週地元に帰っていた記憶があります。それでも、「住めば都」という言葉があるように、会社の先輩方や他社の仲間に支えられ、担当の先生方には娘のように可愛がっていただき、充実した5年間を過ごすことができました。いまでは第二の故郷であり、その時出会った方々・仲間たちは私の宝物です。

一期一会を大切にしながら、タイムリーな情報を提供し、臨機応変に考動。

MRは営業職ですので、製品が新規採用になったり、目標とする数字を達成できた時にはやりがいを感じます。それよりもっと大きなやりがいは、先生や、その先にいる患者さんに喜んでいただけたと実感できた時です。
ある総合病院を担当して半年が過ぎた頃、消化器内科の先生から「潰瘍性大腸炎でステロイド抵抗性の患者さんがいるのだが」と相談されたことがあります。
当社には、潰瘍性大腸炎をはじめ炎症性腸疾患治療に役立つ薬剤「レミケード」があります。この薬の使用にはあらかじめ留意すべきことがいくつかあります。その先生は、まだ「レミケード」を使用した経験がなかったので、看護師さんも交えて製品説明会を行いました。患者さんの症状などを教えていただき、導入に向けてどんな検査をすべきか、留意すべき点は何か、どのような治療経過が想定されるかなどの説明をしました。
その結果、「レミケード」での治療がスタートし、しばらく経った後、「患者さんの QOLが上がって家族の方々も喜んでいるよ」という話を聞きました。その時は、先生方と一緒に喜ぶことができ、MR冥利に尽きる嬉しい出来事でした。
MRの仕事では、限られた時間にいかに効率よく活動するかというスケジュール管理が非常に重要になります。先生に合わせて最適な時間に訪問したり、様子をうかがいながら時には早めに切り上げたり、あるいはお手紙を残したり、気配りしながら臨機応変に考動することが大切です。
また、当社では情報提供のデジタル化も進んでおり、”ZEUS mailシステム”を活用する事も増えてきました。
自社製品はもちろん他社製品などについても常日頃から勉強しなければなりません。それは私にとってはなかなか大変ですが、田辺三菱製薬では研修やeラーニング、説明用資料などサポート体制も充実しているので、iPadを活用して効率よく学ぶように心がけています。
まわりの人たちの心強いサポートも、私に大きな力を与えてくれていると感じています。共に励まし合う同期の仲間たち、悩みを理解し一緒に解決してくれた上長、公私共に丁寧に指導してくれる先輩方、自分はもっとしっかりしなきゃと思わせてくれる後輩たち。そして、たくさんのことを教えて頂き親身になってアドバイスもしてくれる先生方など、感謝の気持ちが励みとなっています。これからもたくさんの人たちとの一期一会を大切にしながら、タイムリーな情報を迅速に提供して臨機応変に対応できるMRをめざしていきます。
※ZEUS mailシステム:「田辺三菱製薬のデジタルマーケティング・プロジェクト「ZEUS」で構築したMR専用メールシステム」

仲間や後輩たちが意欲をもってチャレンジできる環境をつくっていきたい。

最近では、MRでも女性のチームリーダーが目立つようになってきました。出産・育児を経て復帰する女性MRも多くいます。また、MRからコーポレートや他部門への異動もあり、働きやすい環境が整い、その働き方も多様になってきていると感じています。
私自身、これからどんなキャリアステップを歩んでいくかまだ決めかねていて、正直、将来像は漠然としています。けれども、いずれにしても何年か後も今と同じように患者さんのために仕事に向き合っていたいと考えています。
上長や先輩をはじめ、信頼し尊敬できる人たちとの数多くの出会いや教えがあったからこそ現在の自分があるのだと強く感じています。これからは、自分自身もそんな信頼されるMRに成長し、仲間や後輩たちが意欲をもって伸び伸びと仕事にチャレンジできる環境をつくっていきたいです。

Career step
2006年東北支店 岩手営業所配属 MR職として開業医担当
2011年横浜支店 川崎営業所 エリア担当
2016年横浜支店 川崎営業所 開業医担当
2017年東京支店 開業医担当

社員紹介 INDEX

  • 01 研究職(探索合成)
  • 02 研究職(薬理)
  • 03 研究職(技術研究)
  • 04 開発職
  • 05 ファーマコビジランス職
  • 06 MR職
  • 07 スタッフ職(海外事業)
  • 08 たなみん