Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation. RECRUITING 2021RECRUITING 2021

Career Talk

田辺三菱製薬が発足して最初の新入社員となった、2008年入社の同期が久しぶりに集まった。
これまでどんなキャリアを歩んできたのか?
この先のキャリアステップは?
同期ならではの気さくな雰囲気で、自分たちと田辺三菱製薬の現在と未来を語ろう。

  • 経営企画部
    経営企画部
    2008年入社
    生命科学院修了
  • MTPA
    ミツビシタナベファーマアメリカ(MTPA)
    2008年入社
    医歯薬学総合研究科修了
  • MR職
    営業本部
    2008年入社
    バイオサイエンス学科卒
  • 研究職
    創薬本部
    2008年入社
    理工学研究科修了

TALK 1

これまで歩んできたキャリアについて

MR職
お久しぶり! いまそっちは何時?
MTPA
ここ米国ニュージャージーは夜の8時だよ。こうして同期が4人顔を揃えるのは何年ぶりだろう?
研究職
入社3年目の集合研修が最後だから、7年ぶりということになるかな。
経営企画部
米国ではどんな仕事をしているの?
MTPA
ミツビシタナベファーマアメリカという米国のグループ会社で新薬「ラジカヴァ」のマーケティングを担当している。入社して5年間、臨床開発で経験を積んで、次の5年間は薬事部門。そしてこの4月に米国駐在になったばかりだ。みんなはいまどの部門に?
経営企画部
私は今年異動したばかりで、いまは経営企画部で全社的な戦略に携わっている。入社してからは基本的にずっと製剤の研究開発に従事していたのだけど、思うことがあって社内公募に手をあげて異動したんだ(笑)。
研究職
ずいぶん思い切った異動だね(笑)。私は入社してからずっと創薬の研究。10年間の取り組みがやっと実って、今年は従来の低分子薬とは少し違うプロジェクトの立ち上げに携わることができ、リサーチリーダーを任されています。
MR職
私は入社して8年間、大阪支店でMR。その後、産休・育休で1年8か月休んで、この4月にまたMRとして復帰したばかりです。

TALK 2

成長の曲がり角となった出来事は?

MR職
先ほど、経営企画部に異動する時に「思うことあって」って言ったけど、それはどんなこと?
経営企画部
私も入社してからほぼずっと研究に従事してきたわけ。そうしているうちにもっと広い世界を見たくなって、ビジネススクールに通っていた時期があったんだ。その時にうちの会社の経営に興味を感じたのがきっかけだね。みんなは、キャリアステップで節目になったような出来事ってある?
MR職
やっぱり1年8か月の産休・育休かな。私、出産の時に生命に関わるような状態になってしばらく入院していたの。患者さんの立場になってみて、医療や薬に対する意識がさらに大きくなりましたね。
経営企画部
そういえば私も、母が生命に関わるような大病を患って、それを目前にした経験から考え方が変わった気がする。研究所にいた時代、2年ほど工場の技術部に出向したのだけど、あの経験がなければそんなチャレンジはしなかったと思うし、社内公募への応募もそうだね。
MTPA
私の場合、2回のキャリアアップそのものが大きな節目という感じだね。臨床開発から薬事への異動は、自分から強く希望して実現したステップ。規制当局との協議など国内外の薬事に携わることで自分の視野を広げて、同時に新しい専門性を身につけたいと考えたんだ。米国駐在もずっと希望していてやっと叶ったチャレンジだね。
研究職
私は創薬研究一筋で部門の異動はないけど、やっぱり節目はあるよね。ひとつ大きかったのは、入社7年目くらいに同業他社との共同研究プロジェクトでリーダー役を任されたこと。それになにより、いまリサーチリーダーとして携わっている研究プロジェクトが、かなりチャレンジングで自分にとって最大のステップになると予感しているんだ。

TALK 3

キャリアアップのための社内制度

MTPA
社内公募もそうだけど、うちの会社って、キャリアアップのための制度が充実しているよね。私が一番活用しているのは、定期的に実施される自己申告やキャリア面談。自分がこれまでやってきたことを棚卸しして、「次は何をやりたいのか?」と自分を見つめ直す非常によい機会になっている。
経営企画部
ジョブローテーションもよく考えられているし、研修もいろいろ充実しているね。
研究職
研修制度が手厚いことは研究者としても感じるね。自分なりに選べる研修も多くて、大いに活用している。
MR職
営業部門では最近、女性MRをサポートする制度や体制が整ってきた。
研究職
女性活躍の支援など福利厚生制度も整っているでしょう。
MR職
ええ。それは私自身、産休・育休を利用して実感している。女性にとって働きやすい環境が整っています。
MTPA
それは男性でも同じ。私は、2人目の子どもが生まれた時には育休をとったよ。そんな時でもまわりのメンバーがサポートしてくれて、とても働きやすい雰囲気だよね。
経営企画部
有給休暇がとりにくいという感じもないし。
MTPA
社内制度ということで、いまちょっと思い出したのだけど、社内のイントラネットに載る社長メッセージにコメントできる仕組みがあるでしょう。
研究職
あぁ、そういうのあるよね!
MTPA
実は私、コメントを送ったことがあるんだ。入社3、4年目くらいかな。そうしたら社長から直接返信があった。いやあ、風通しのよい会社だなと実感したね(笑)。

TALK 4

実感する田辺三菱製薬の空気感について

MR職
私たちって、会社が合併して田辺三菱製薬となった時に入社した1期生でしょう。
経営企画部
正直、合併したての頃はかなりギクシャクした感じがあったよね。でも数年くらい経った頃からそんな空気も消え去り、いまはとても働きやすい環境だと思う。
MTPA
入社した頃は「グローバル」って感じはぜんぜんなかったな。自分が米国に赴任するなんて想像もしていなかった。その意味では大きく変わったと感じているけど、グローバル展開についてはまだこれからがチャレンジだね。
研究職
結局は、よいクスリを創りたい、患者さんに貢献したいという気持ちは一緒だからね。私たち1期生は、ゼロの状態でスタートできた分だけ、前例にとらわれずチャレンジできた。最近では、こうした前向きのマインドが広まってきて、会社としても背中を押してくれるような空気になってきたね。
MTPA
自分からどんどんチャレンジしたいという気持ちのある人にはぴったりの会社だと思うよ。若いうちから責任のある仕事を任せてもらえるし、働きやすい環境が整っているしね。

TALK 5

この先はどんなキャリアアップを?

研究職
しかし、こうして久しぶりに同期が集まると、それぞれに違うキャリアを歩んでいて、とても刺激になるね。
みんなこの先はどんなキャリアアップを考えているのかな?
MTPA
私は将来、最初のキャリアである臨床開発に再びチャレンジしたいと思っている。薬事、海外という違う分野での経験を活かすことで、あの頃とはまた違う、広い視野に立った臨床開発ができると感じているんだ。
MR職
私は、育児というライフイベントと両立させながら、いまの営業(MR)でステップアップしていきたい。自分なりのスタイルで新しい道を切り拓いて、後輩の女性たちのロールモデルになれるように活躍していきたいと考えている。
研究職
いま私の頭の中にあるのは、現在リサーチリーダーを務めている研究プロジェクトを成功させるということ。これをやり遂げれば、自ずと次のステップも見えてくると思うんだ。
経営企画部
そうか、みんな明確に決まっていていいな。実は私は、いま悩んでいるんだよね。以前は、製剤研究を極めたいと思っていた。それが社内の異動を通して会社には面白そうな業務がいろいろあることを知り、将来の選択肢が無数に広がったような気がするんだ。
でも、入社10年目を過ぎてこれほどたくさんのキャリアステップが考えられるのは幸福だよね。