Mitsubishi Tanabe Pharma Corporation. RECRUITING 2021RECRUITING 2021

数字でわかる田辺三菱製薬

田辺三菱製薬について数字で紹介します。

歴史

創業年1678

創業340

売上収益

4,338億円
(2019年度)

創薬領域

4つの
重点領域

  • 免疫炎症
  • 糖尿病・腎
  • 中枢神経
  • ワクチン

製品

ALS治療薬ラジカヴァ

20年ぶり

の新薬を米国で発売

製品

レミケード・シンポニー・ステラーラ

領域シェアNo.1

※自己免疫疾患領域における
生物学的製剤3剤合計の国内売上

社会的課題の解決に向けて

No.1つのマテリアリティに取組み、
社会的責務を果たすとともに、
健康寿命の延伸に貢献する

年次有給休暇

取得率

所定休日日数129日、初年度付与日数16日
平均取得日数15.4日 (2019年度実績)

プレパパ休暇・イクパパ休暇

男性育児休業取得率

36%
(2019年度実績)

男性の場合は出産該当年度に取得するとは
限らないため、年度により100%超えるなど
“ぶれ”がある

◆男性の“もっと育児に参加したい”という想いに応え、男性が積極的に育児参画できる環境づくりに取り組んでいます。

プレパパ休暇
出産に係わる入院等の日から出産後2週間以内に取得できます。
入退院に付き添いや、出産時の立会いに活用できるものです。
(正式名称:配偶者出産時特別休暇)
イクパパ休暇
パパの育児休業のうち、最初の5日間の愛称です。パパの育児参画やお子様のイベント参画に活用できます。

イクキャリ継続プログラム

3つの
サポートプログラム

  • 育休中のキャリア継続サポート
    (語学学習・MBA講座、e-ラーニング)
  • ベビーシッターによる育児支援
  • イクキャリフォロワー(相談窓口)

◆妊娠・出産・育児・介護といったライフイベントがあってもさらに活躍できるよう、独自の制度を整備しています。

特に仕事と出産・育児との両立支援では、産休前後の不安払拭のために上司との面談の場を設けたり、育休中に勉強したいというパパママ社員の支援として、MBA科目や語学をオンラインで学ぶ機会の提供、復職後はベビーシッター利用補助など、育児をしながらさらに活躍できるようサポートしています。

また厚生労働省が進めている「イクボス宣言」を実施しています。 従業員のみなさんの“仕事と生活を両立させてもっと活躍したい”という想いを理解し、後押しする上司=「イクボス」をさらに増やしていきます。このような取り組みが、多様なメンバーのさらなる活躍、さらには働き方改革にもつながると考えています。

「働き方カエル宣言」

No.1つの取り組み

新しい生活様式における、
より働きやすい
職場環境づくりに
全社で取り組みます

「働き方カエル宣言」

  • 「感染予防策の徹底」「感染予防策の徹底」
  • 「会議の見直し」「会議の見直し」
  • 「脱ハンコ」「脱ハンコ」
  • 「ペーパーワークの大削減」「ペーパーワークの大削減」
  • 「拠点のサテライトオフィス化」「拠点のサテライトオフィス化」
  • 「テレワーク環境の整備」「テレワーク環境の整備」
  • 「Friday Surveyの継続」「Friday Surveyの継続」
働き方カエルたなみん

※社内啓発用展開資材イメージ