社会 > 従業員とともに 人材育成

人事の基本的な考え方

当社グループでは、「人」という経営資源に焦点をあて、従業員一人ひとりが能力を最大限に発揮することにより、当社の競争力を一層向上させ、持続的成長を実現するためのシステムとして「人材総合マネジメントシステム」を運用しています。
中期経営計画21-25では、イノベーションの創出に向け、以下取り組みを組織・人材改革の3つの柱として掲げました。これらを推進することで新たな挑戦・試行錯誤を促す組織風土を醸成します。

  • 専門人材の育成・確保
  • 多様性に富んだ人員構成の実現
  • 組織のデジタルトランスフォーメーション

グローバル化に伴う人材育成については、OJT※1による育成のほか、異文化対応、ビジネス英語の習得を目的とした各種集合研修、語学教育といったOff-JT※2を実施しています。2017年度から、公募で海外トレーニーを募集し、海外拠点に派遣する取り組みを開始し2019年度までに9人を派遣しました。2019年度からは既存のキャリアチャレンジ制度へ統合し、海外拠点への異動希望を申告する機会を継続して提供しております。2020年度は、新型コロナウイルス感染症の影響を受け、海外拠点会社従業員の日本への受入は実施しておりません。

  • ※1On the Job Trainingの略。日常業務を通じた従業員教育の意味。
  • ※2Off the Job Trainingの略。職場外での教育訓練の意味。

人材総合マネジメントシステム

基本的な考え方

経営目標達成のためのツールであり、「目標管理」「評価」「処遇」「育成」「活用」を有機的に連環していくことが重要

人材総合マネジメントシステム

従業員数(単位:人)

2017年3月末 2018年3月末 2019年3月末 2020年3月末 2021年3月末
グループ 7,280 7,187 7,228 6,987 6,728
単体 4,239 4,222 4,111 3,764 3,383
男性 3,263 3,232 3,107 2,840 2,593
女性 976 990 1,004 924 790

充実した研修体系の構築

企業の活力・競争力を強くしていくためには、その源泉となる人材力の向上を図ることが不可欠です。当社グループでは、めざす人材像の実現のために以下4つの仕組みを有機的に連動させ、従業員が能力を開発・発揮できるよう支援しています。また、日々のOJTに加えて研修プログラムによって各人の能力を高め、適材適所へと配置することで、各人が持てる能力を最大限発揮できるように努めています。

めざす人材像の実現のための仕組み

  • 多様な人材の採用
  • MBO(目標管理)によるOJT,Off-JT
  • 異動・ローテーション
  • 公正な評価

さらに、従業員の自発的なキャリア形成支援や、自己啓発支援、将来の経営を担う次世代リーダーや、グローバル人材の育成にも取り組んでいます。コロナ禍においても育成機会を確保すべく、オンラインを活用して従前のプログラムはすべて実施しました。

キャリアデザイン研修

各自のステージやライフスタイルに合わせて柔軟に参加できるスタイルで継続的に研修を行っています。

  • 一層の視野拡大、自主的な学習習慣の定着を図るべく、社内外の自主参加研修や異業種他社とのビジネススキル研修(オンライン)を実施。
  • 一部階層において、研修でのキャリアへの気付きをより深めるため、参加者全員へのキャリアカウンセリングを実施。
    また、2020年度はテレワーク等への環境変化に対応したマネジメント研修を全職制に対し新たに実施しました。

国内の研修は新型コロナウイルス感染症対策のため集合研修からオンラインへ切り替えて開催し、2020年度社内研修の年間平均時間は1人当たり2.7時間でした。

グローバル人材の育成

  • 海外も含めたより幅広い職務への異動が可能になるキャリアチャレンジ制度にて継続的にグローバル人材の育成を実施。

2020年度は前年度からの海外トレーニーによる継続派遣者4人のうち3人が帰任し、海外経験を活かせる部署で新たなチャレンジを開始しています。また派遣者のうち1人は現地で引き続き駐在員として海外経験を積んでいます。
キャリアチャレンジ制度を通じた2020年度の新たな派遣は新型コロナウイルス感染症の影響を受け実施しておりません。

次世代リーダー育成

  • 経営者早期育成プログラム「MT-VIVID」を継続的に実施。
研修体系(2020年度)
  • OJTJ…On the Job Training in Japan
  • NLP…NEXT LEADER Program(NEXTリーダー)
  • JLP…Junior LEADER Program(Jr.リーダー)
  • CD…キャリアデザイン

定年に向けた従業員への支援

当社では、定年後に継続雇用を希望する者を再雇用しています。就業の場を提供するためにワークシェアリングなどの多様な働き方を実現する環境を整備するとともに、再雇用制度を充実させ、定年後もスキル・ノウハウを活かせるように努めています。
また、50歳前後の従業員を対象に、定年後も視野に入れた今後のキャリアを考えるキャリアデザイン研修を実施しています。年齢にかかわらず、すべての従業員が高いモチベーションを持って働き続けられる環境を積極的に整備・拡充しています。

このサイトでは、より良いコンテンツの提供を目的にクッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることでクッキーの使用に同意したことになります。
プライバシーポリシー