社会 > 地域社会とともに 医療・福祉への貢献

ヘルスケアカンパニーとして、患者さんやご家族をはじめ、人々の生き生きとした暮らしの実現をめざし、事業活動に加え、医療・福祉に関するさまざまな取り組みを実施しています。

難病の患者さんとその家族への支援

田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム

当社は難病に対する新薬の開発に取り組むとともに、病気に苦しむ患者さんやご家族への支援を行うことも大切な使命であると考え、2012年に「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」を創設しました。難病患者団体、およびその支援団体の療養、就学、就労等、生活の質(QOL)向上のための活動を助成しています。2020年度は15団体に助成を行いました。
2020年10月22日(木)にオンラインで開催した2019年度「田辺三菱製薬 手のひらパートナープログラム」助成団体(11団体)による助成事業報告会では、各団体の抱える課題や難病当事者が主体的に生活するためのさまざまな取り組みについて活発に意見交換がなされました。患者さんやそのご家族の暮らしは、病気と闘うだけでなく、かけがえのない人生の日々そのものです。このプログラムが皆さんの闘病を支えるとともに、一人ひとりの生きがいや未来に向けた夢や希望を叶えるための一助となることを願い、支援を継続していきます。
2021年度は13団体に助成を行います。

助成事業の報告会(オンライン開催)

助成先など詳細については、「難病患者支援活動」ページをご覧ください。

難病患者団体および支援団体に対するコロナ禍での事業継続支援についてはこちら

ALSの患者さんとその家族等への支援(米国)

ミツビシ タナベ ファーマ アメリカ(MTPA)は、さまざまな取り組みを通じて、難病と闘う患者さんとそのご家族を支援しています。

チャリティ、ウォーキングイベントに協賛・参加

MTPAは、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の啓発/認知度向上を目的にさまざまなチャリティ、ウォーキングイベントに協賛・参加しています。
2020年度は、16のイベントに協賛、参加しました。多くのイベントは新型コロナウイルス感染症の状況を鑑みバーチャルで実施されましたが、対面でのイベントよりも幅広い聴衆に働きかける機会となりました。

教育活動支援

MTPAは、ALSの認知度向上やALS患者さん、ご家族をサポートすべく、ALS患者団体(The ALS Association)と協力して、さまざまな教育活動(ALS教育シンポジウム、介護者向けプログラム、医療関係者への支援とケアサービスへのサポートなど)を支援しています。これらの支援を通じて、患者さんと介護者の皆さんに向けたALSの啓発や、ALS患者さんとそのご家族が少しでも負担なく過ごせる環境づくりに取り組んでいます。2020年度は、新型コロナウイルス感染症流行に対する取り組みとして、遠隔医療や自宅での治療に関するオンライン教育プログラムを実施しました。

「ALSO US™」

2019年度より、家族にALS患者を持つ未成年の介護者が、映像、絵画、詩などのアートを通じて自身の経験を広く共有するプログラム「ALSO US™」を開始しました(https://www.alsousart.com/)。これまで参加者5人が本プログラムのもとアートに取り組み、その作品をALS患者団体のイベントなどで披露することで、ALSの啓発に貢献しました。

ALSO US™

「こどもの国」への医薬品寄贈

2020年6月、当社は企業市民活動の一環として、横浜市の「こどもの国」にOTC医薬品等を寄贈しました。「こどもの国」は、多摩丘陵に広がる約100ヘクタールの雑木林をそのまま生かした自然の遊び場です。1959年の皇太子殿下(現上皇陛下)のご結婚を記念して1965年に開園しました。当社は、1971年から49年間継続して、こどもの国へOTC医薬品等を寄贈しています。
毎年恒例の贈呈式はコロナ禍で中止となりましたが、OTC医薬品とともにマスク2,000枚をお送りし、「このような時期に、マスクをはじめとする衛生材料など医薬品の贈呈は大変ありがたい」と喜んでいただきました。
こどもの国創立50周年に当社が寄贈した「ジュルとチッチの家」は、来園記念の撮影スポットになっています。

OTC医薬品を寄贈
OTC医薬品を寄贈
当社寄贈の撮影スポット「ジュルとチッチの家」
当社寄贈の撮影スポット「ジュルとチッチの家」

献血活動

日本赤十字社によると、日本国内で輸血を受けている患者さんは1日あたり約3,000人。使用する血液は人工的につくることも長期保存することもできないため、必要量を確保するには、1日あたり約1万3,000人の方に献血のご協力をいただく必要があるといわれています。病気やけがなどで輸血を必要としている患者さんの尊い生命を救うため、血液は大切です。
当社グループでは、新型コロナウイルス感染症の影響により血液が大変不足しているなか、少しでもお役立ちしたいとの思いで、本社をはじめ各事業所において、献血を実施しました。参加者は、マスク着用と消毒を徹底し、献血車内では密にならないよう待機時間を調整するなど対策を強化しました。

感染症予防を徹底しながら献血しました(吉富事業所)

開発途上国への貢献

グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)への参画

グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)は、開発途上国の人々を苦しめるマラリア、結核、顧みられない熱帯病などの感染症に対する新薬創出を促進するために設立された日本初の官民パートナーシップです。
当社はグローバルヘルスに貢献するというGHIT Fundの趣旨に賛同し、GHIT Fundの第1期(2013年度~2017年度)活動への資金拠出に続き、第2期(2018年度~2022年度)活動についても資金拠出を行っています。また、GHIT Fundを通して研究機関に当社の医薬品化合物ライブラリーを提供し、マラリアや顧みられない熱帯病の医薬品探索の共同研究を行っています。これからも、開発途上国の感染症治療への貢献をはじめ、世界の人々の健康に貢献していきます。

TABLE FOR TWO(TFT)

TFTは、開発途上国の飢餓と先進国の肥満や生活習慣病の解消に同時に取り組む日本発の社会貢献活動です。社員食堂で肥満を防ぐ低カロリーメニューを喫食するごとに、代金の内20円がTABLE FOR TWO Internationalを通じてアフリカなどの開発途上国の学校給食費に充てられます。20円は開発途上国の給食1食分の金額です。
当社グループでは、2014年より、本社と加島事業所の社員食堂に「TABLE FOR TWO(TFT)プログラム」を導入しています。また、各事業所には、ドリンクを購入すると売上の一部が開発途上国の子どもたちの給食に生まれ変わる「TFT自動販売機」を設置しています。気軽に参加でき、開発途上国の子どもたちと私たちが同時に健康になることができる取り組みとして、従業員に好評です。2020年度は17万2,938円を寄付し、活動開始以来、寄付総額は110万円を超えました。寄付により提供される学校給食は、子どもたちの飢餓を解決するだけではなく、就学率や学業成績の向上、子どもたちの基礎体力向上と病気予防につながる効果も期待されており、貧困解決のために重要な役割を担っています。今後も引き続き、開発途上国の子どもたちの飢餓と貧困解決に向けて、取り組みを推進していきます。

TFT https://jp.tablefor2.org/

TFTのしくみ
TFTのしくみ

2020年度 TABLE FOR TWOプログラム参加による給食寄付実績(1食20円換算)

TFTメニューによる寄付 TFT自販機による寄付 合計
4万4,920円
(2,246食)
12万8,018円
(6,401食)
17万2,938円
(8,647食)
ヘルシーなTFTメニュー
ヘルシーなTFTメニュー
TFT自動販売機による支援も実施
TFT自動販売機による支援も実施

ワクチン支援「せかワクぶっく」への参加

当社グループは、2014年より開発途上国の子どもたちへのワクチン支援活動「せかワクぶっく」に参加しています。「せかワクぶっく」とは、不要となった本・CD・DVDなどを寄付することで、その売却代金が「認定NPO法人世界の子どもにワクチンを日本委員会」に寄付され、六大感染症などのワクチンにかえて開発途上国の子どもたちに届けられる国際貢献活動です。ポリオワクチンは1人分わずか20円。本棚に眠っている本1冊で2人の子どもを守ることができます。
2020年度は、従業員による寄付品の査定額と会社からのマッチングギフト(同額寄付)を合わせて、総額26万4,192円、子どものポリオワクチン1万3,210人分相当となりました。活動開始以来、寄付総額は約160万円、およそ8万人分相当のポリオワクチンになりました。
今後も、医療アクセス支援のひとつとして、開発途上国の子どもたちの健康な生活と笑顔あふれる未来をめざし、この支援活動を続けていきます。

「せかワクぶっく」参加

2020年度 「せかワクぶっく」参加による寄付実績

年度 寄付金額 ポリオワクチン概算
従業員 13万2,096円 6,605人分
マッチング 13万2,096円 6,605人分
26万4,192円 1万3,210人分

ペットボトルキャップ回収

各事業所において、社内エコ活動の一環としてペットボトルのキャップ回収を行っています。回収したキャップはその売却益が、社会福祉施設の運営費や開発途上国の子どもたちのワクチンとして活用されます。

このサイトでは、より良いコンテンツの提供を目的にクッキーを使用しています。サイトの閲覧を続けることでクッキーの使用に同意したことになります。
プライバシーポリシー