社会 > 地域社会とともに 企業市民活動方針

企業市民活動方針

当社グループは、医薬品事業による社会への貢献に加え、良き企業市民として、地域社会やコミュニティとの共生を図り、その発展に寄与していきます。
「田辺三菱製薬グループ 企業市民活動方針」に基づき、当社グループの従業員がめざす姿を共有し、それぞれの地域で企業市民活動に積極的に取り組んでいきます。

田辺三菱製薬グループ 企業市民活動方針

田辺三菱製薬グループは、事業活動を行う国・地域の文化や慣習を尊重し、これに十分配慮した事業活動を行うとともに、人々の身体と心、そして社会活動が充実し、あらゆる年齢、全ての人がいきいきと暮らせる、サステナブルな社会の実現をめざして企業市民活動に取り組みます。

1.基本方針

  1. 1事業を展開する国・地域を中心に、現地の状況と規範に即した活動を推進します。
  2. 2創薬企業としての知見と当社グループの有する資源を有効に活用します。
  3. 3公益法人、NPO/NGO、地域コミュニティ等との連携および信頼の確立に努めます。
  4. 4従業員のボランティア活動に対して、参加しやすい職場環境を整えます。
  5. 5社会との共生を図ることにより、当社グループの社会的価値の向上をめざします。

2.活動分野

当社グループの企業市民活動は、以下の四分野を中心として推進します。

  1. 1医療・福祉への貢献
  2. 2科学技術の発展
  3. 3環境の保全、環境への貢献
  4. 4地域コミュニティの振興

上記の分野に加えて、人道的支援、次世代育成など、時々の社会ニーズに応じた活動にも取り組みます。

3.推進体制

企業市民活動を推進するための社内体制およびルールを整備し、運用するとともに、従業員の企業市民活動に対する意識の向上に努めます。