HOMECSR人権>バリューチェーンにおける人権課題

組織統治

バリューチェーンにおける人権課題

研究段階における倫理的配慮

 新薬の研究では、臨床試験を実施する前の基礎研究段階において、医薬品としての有効性と安全性を確認するための動物実験が必要とされています。当社では「動物実験等の適正な実施に関する要領」を定め、第三者評価機関である公益財団法人ヒューマンサイエンス振興財団動物実験実施施設認証センターから認証を受けた施設で動物実験を実施しています。社内に動物実験委員会を設置し、動物実験の立案および実施にあたっては、実験計画の適正性や科学的合理性のみならず、動物実験の国際原則である3R(Replacement:代替法の利用、Reduction:使用動物数の削減、Refinement :苦痛の軽減を中心とする実験の洗練)に加え、研究者の責任(Responsibility)を加えた4Rの原則に則っているかの観点で実験計画を審査し、動物福祉に配慮しています。

研究倫理審査委員会の取り組み

 より有効で安全な医薬品を創製するために、患者さんから提供していただいた試料(組織や細胞など)や情報(診療情報など)を用いる創薬研究の重要性が高まってきています。このような研究の実施にあたっては、適切なインフォームド・コンセントの受領や試料提供者のプライバシー保護など、倫理的に十分な配慮が必要です。当社では、「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針(文部科学省、厚生労働省)」に準拠した倫理審査委員会として「ヒト組織研究等倫理審査委員会」を設置し、研究計画の倫理的妥当性や科学的合理性を慎重に審査しています。審査の公正性・中立性を確保するために社外の方にも委員として加わっていただき、さまざまな意見を尊重して適正な審査が可能な体制としています。また、文部科学省・厚生労働省が設置する研究倫理審査委員会報告システムを通じて委員名簿、倫理審査委員会の諸規定および議事の概要を公表し、透明性の確保に努めています。

臨床における人権・生命倫理への配慮

 当社は、実施するすべての臨床試験において、ヘルシンキ宣言の精神をもとに定められたICH-GCP(医薬品の臨床試験の実施に関する基準)を遵守するとともに、患者さんの自由意志による同意(インフォームド・コンセント)の下、実施国の法令や社内基準および治験実施計画書に従って試験を実施することにより、被験者の人権や安全の確保、福祉に対する配慮が何よりも優先されるよう取り組んでいます。
 治験の実施に先立ち、倫理に精通した社外の委員や医学専門家を含む検討会で治験実施計画書を検討することにより、それらの倫理的、科学的妥当性が確保されるよう努めています。また、治験管理システムにより、臨床試験が適正に実施されていることを確認するとともに、適切に監査を実施し、臨床試験データが信頼できることを保証する体制を整えています。

調達段階における人権への配慮

 当社グループは、三菱ケミカルホールディングスグループとして定めた企業行動憲章に基づき、「KAITEKI」社会の実現に取り組んでいます。この考え方に基づき、調達活動においても「購買規則」を制定し、取引先との公平、公正、透明な取引を基本に、関連法規の遵守、環境への配慮および人権尊重などを重視した活動を推進しています。
 さらに、品質の確保、安定した調達の実現のため、グローバルかつオープンに取引先を求めるとともに、公平、公正、透明を期すため、当社の定めた取引先選定基準に基づき、取引先の厳正な評価・選定を行っています。
 一方、当社グループだけでは「KAITEKI」を実現することはできないことから、取引先の皆様にも「KAITEKI」実現のために、理解と協力をお願いしています。

生産段階における地域への配慮

 当社グループは、生産段階においても省エネルギーやリサイクルの推進、主な生産拠点での環境マネジメントの国際規格であるISO14001認証の取得をはじめとして、環境に配慮した事業活動を行っています。
 活動拠点では、水質汚濁防止法や大気汚染防止法などの法律、小野田工場および吉富工場が関連する瀬戸内海環境保全特別措置法、ほか地域特有の条例を遵守し、事業活動に伴う地域への環境影響や人への健康影響を発生させないよう取り組んでいます。
 また、建屋などの新規設備投資を行う際には、地域住民の皆さんを対象に原則として事前説明会を開催し、工事が与える影響について理解を深めていただいた上で、着工するなど、地域に配慮した取り組みを行っています。
 さらに、各工場では、敷地内植樹による緑化活動や、周辺清掃活動による地域環境美化運動を推進しています。また、吉富工場では、地域住民の方々が参加可能な夏祭りを開催するなど、地域社会との共生をめざした活動を行っています。

販売における人権への配慮

 「すべては患者さんのために」、この思いを実現するためには、医師や薬剤師、看護師などの医療関係者に、価値ある医薬品を確かな情報とともに提供し、人々の福祉と医療の向上に貢献し、健康で質の高い生活の実現に寄与することが、製薬企業としての使命です。
 当社グループでは、MR一人ひとりが生命関連企業に従事する者としてふさわしい高い倫理観と規範意識を持ち、公正かつ誠実であることをすべてに優先し、患者さんの人権を尊重したプロモーション活動に努めています。

お客さまの個人情報保護

 お客さまの大切な個人情報については、「プライバシーポリシー:個人情報保護方針」を策定・公表し、個人情報を適切・安全に取り扱うという基本方針のもと、適正な手段による個人情報の収集および利用目的達成に必要な範囲における個人情報の利用を行っています。その他、個人情報の管理にあたっては、以下のような取り組みを行っています。

  • (1)個人情報保護管理規則の制定・実施
  • (2)個人情報漏洩防止マニュアルの作成・実施
  • (3)チーフ・プライバシー・オフィサー(CPO)、個人情報部門管理者および担当者の設置をはじめとする個人情報保護管理体制の構築
  • (4)従業員への教育、研修および委託先の管理・監督
  • (5)会社が保有するパソコンの厳重なデータ暗号化、および各種セキュリティの実施

CSR

CSR活動報告
2018

CSR活動報告

PDF版ダウンロード

コーポレート
レポート
2018

コーポレートレポート

PDF版ダウンロード
Get ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはADOBE® READER® (無料)が必要です。最新版をお持ちでない方は、バナーをクリックするかこちらよりダウンロード、インストールを行ってください。

PDFなどのドキュメントの文字情報を音声で読み上げるリードスピーカー・ジャパン社が提供する音声読み上げサービスです。
ご利用案内へ